世界三大パワースポット ハワイ島 マウナラニとは

61

世界三大パワースポットと呼ばれている、有名なパワースポットがあるのをご存知ですか?
パワースポットとは、地球上に点在する特別なエネルギースポットのことです。
人によって、癒しを求めたり、やる気を出したり、パワースポットから溢れ出るエネルギーを感じるために、現地に足を運ぶ人も多いです。

今回は、そんなパワースポットで、

世界三大パワースポットの一つといわれている「ハワイ島 マウナ・ラニ」をご紹介します!

 

アリゾナ セドナは世界三大パワースポットの1つです。
世界一パワースポットセドナはどんなところ?】という記事もありますので一緒に御覧ください。

世界一パワースポットセドナはどんなところ?

 

世界三大パワースポット、ハワイ島 「マウナ・ラニ」とは?

ハワイ島「マウナ・ラニ」は、世界で有名なパワースポットの1つです。
マウナ・ラニは、アリゾナのセドナ、ギリシャのロードス島と共に、世界三大パワースポットとして名を連ねています。

カセドラルロック

ボイントンキャニオン

ベルロックアリゾナ州セドナはこんな感じのところ

詳しくは→世界一パワースポットセドナはどんなところ?

 

地中海(ギリシャ)のロードス島はここです。

まだ行ったことがないので近いうちに行ってみたいと考えています!!

 

マウナ・ラニはハワイ島でも屈指のリゾートエリアです。
ホテルやレジャー施設が立ち並ぶため、多くの観光客が訪れる高級ビーチリゾートとしても人気があります。

 

マウナ・ラニはどこにある?

マウナ・ラニは、ハワイ諸島の中でも最大の島であるハワイ島の北西部に位置するコハラ地区に属しています。

コハラ地区は、ハワイ島の中でも地質学的に古い歴史を持つ地域です。
リゾートとして開発された今でも、古くから大切にされてきた一部のエリアは開発されずに残っています。
さらに、コハラ地区はハワイ王国の初代国王カメハメハ1世の生誕地でもあるため、地元住民からは神聖な地として扱われています。
地元住人が大切に先史時代の名残を残してくれているから、今のマウナ・ラニがあるんですね。

 

「マウナ・ラニ」の意味

実は「マウナ・ラニ(Mauna Lani)」はハワイ語で、意味をもつ言葉です。
ハワイ語で「マウナ」は「山」、「ラニ」は「天国」を意味し、現地では「天国に手が届く丘」と言われています。

「天国に手が届く丘」という意味を持つマウナ・ラニは、その名前から、昔は古代ハワイ王国王族の保養地として利用されていました。
神聖な土地であるマウナ・ラニに滞在することで、王族は魂や生命力を癒してきた、と言い伝えられています。
マウナ・ラニは、精霊が宿る聖なる地として崇め尊ばれてきた歴史ある場所です。
パワースポットとして有名になったのもそういった歴史背景があるからなんです。

 

「マウナ・ラニ」のおすすめパワースポット

マウナ・ラニのどこがパワースポットとして有名なんでしょうか?

実は、マウナ・ラニはマナ(ハワイ語で「神聖な力」)が強いとされていて、いわゆるマウナ・ラニ全体がパワースポットともいえるんです。
しかしその中でも、もっともエネルギーを取り込めるおすすめのパワースポットを紹介します。

強いマナを持つ「カラフイプアア・フィッシュポンド」

1つ目は、「カラフイプアア・フィッシュポンド」です。
フィッシュポンド(Fishponds)とは、魚を育てる養殖池のこと。
マウナ・ラニのカラフイプアア(Kalahuipuaa)いうエリアには、広大なフィッシュポンドが広がっているんです。

このフィッシュポンドは、とくに強いマナ(神聖な力)を持つとされていて、古代から王族に献上するための魚や、神聖な儀式で使われる魚が養殖されていました。
現在も養殖の機能は保たれ、貴重な古代遺産でもあります。

フィッシュポンドの水面には、周りに生い茂る木々の緑が映し出され、太陽の光を受けて反射する水面からも神聖さを感じることができます。
その壮観さは、まさにパワースポットと言わざるをえないでしょう。

 

オーラが見える?!「シェルター・ケーヴ」

2つめは「シェルター・ケーヴ」です。
シェルター・ケーヴは、オーラが見えるスポットとして話題です!

私もちゃっかり撮ってきました(正午ではなかったのでひかりが弱くあまりはっきり出なかったので次回リベンジします笑)
シェルター・ケーヴは、溶岩が流れた後に固まってできた岩場の、その中の洞窟のことです。
マウナ・ラニのシェルター・ケーヴの洞窟には、天井に一ヶ所だけ穴が開いている部分があります。
その穴から外の自然光が差し込んでいるのです。

実は、その自然光を身体に浴びると、その人のオーラが見えると人気になっているんです!
差し込む自然光が反射することで、人によってそれぞれ違った色のオーラが見えると噂されています。
近年はその様子を撮影する人が増え、SNSなどでとても話題になっています。

古代の人々は、洞窟の奥深くに魂が棲んでいると信じていました。
オーラのように見えるのも、洞窟の中になにか不思議な力がとどまっているからかもしれません。

 

日本から「マウナ・ラニ」のパワースポット行くには

さて、そろそろ神秘あふれるマウナ・ラニに行きたい!と思った人もいるのではないでしょうか!
そこで、日本からマウナ・ラニのパワースポットへの行き方をご紹介します!

日本から向かうには、まずハワイ島コナ国際空港へフライトします。
コナ国際空港から、車でハイウェイ19号線入り、看板に従って約21マイルほど走ると、マウナ・ラニのリゾート地に到着します。

まず、シェルター・ケーヴです。
シェルター・ケーヴは、カラフイプアア歴史保存公園の中にあります。
歴史保存公園の入口から、約5分ほど歩けばケーヴに到着です。
カラフイプアア・ヒストリック・トレイルという遊歩道を道なりに進めば良いので、迷うことなく行けるのですが、洞窟の入り口が若干木々に隠れ気味になっているので見逃さないように注意しましょう。
道は舗装されていますが、足元には溶岩石がゴロゴロと転がっているので、転ばないよう十分注意して向かうと良いでしょう。

次に、カラフイプアア・フィッシュポンドです。
カラフイプアア・フィッシュポンドは、シェルター・ケーヴから車で約5分ほどで到着します。
海沿いに大きく広がっているフィッシュポンドですが、周りが遊歩道になっているので、ゆっくり散策して楽しめます。

 

 

世界三大パワースポット ハワイ島まとめ

いかがでしたか?

世界三大パワースポットの一つとして数えられるハワイ島マウナ・ラニは、古代の歴史が今も色濃く残り、神聖な雰囲気あふれる素晴らしい場所です。
その景色から、日常とは違った空気を肌で感じることができるでしょう。
マウナ・ラニはリゾートとしても充分楽しめるスポットが多いので、観光ついでに行ってみるのも良いのではないでしょうか?
ぜひハワイ島マウナ・ラニへ行き、パワーをもらってさらに人生を楽しんでくださいね!

 

MIHARU SNS

Online Salonhttps://miharuk.jp/onlinesalon
Bloghttps://miharuk.jp/blog
Shophttps://miharuk.jp/shop
Twitterhttps://twitter.com/miharufitness
Instagramhttps://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw
アメブロhttps://ameblo.jp/miharu-jp/
ビキニスクール:https://miharu-k.info
LINE:http://nav.cx/fKXIKSM