日本の三大パワースポット

44

パワースポットに行ったことはありますか?

 

パワースポットに行くと人生が変わる、パワーを貰えるという話を聞いたことがあると思います。

不思議な魅力が溢れるパワースポットですが、実は私達の住む日本にも数多く存在しています。

 

せっかくパワースポットに行くのなら、日本国内で特にパワースポットとして有名な場所、「日本三大パワースポット」とされる「富士山」「長野県の分杭峠」「石川県の聖域の岬」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

今回は、なぜこの場所が「日本三大パワースポット」とされているのか、
そして、日本三大パワースポットの魅力と人気の理由についてご紹介していきます。

 

世界のパワースポットセドナマウナラニの記事もありますのであわせて御覧ください。

世界三大パワースポット ハワイ島 マウナラニとは

世界一パワースポットセドナはどんなところ?

 

日本最強三大パワースポットとは?

まず、パワースポットとはどういった場所なのか、ご説明していきます。

パワースポットとは、元々は「磁場エネルギーが高い場所」のことを指します。
磁場エネルギーが高い場所には、良い波動、もしくは強いエネルギーが湧き起こっています。
そのため、その土地に訪れることによって自分の運気を上げることができる、または身体へパワーを与えてくれる、といわれています。
パワースポットは自然に囲まれている場所が多く、疲れた心を癒したり、精神を浄化したりと、体も心もリフレッシュし自己回復できる場所でもあるんです。

 

 

日本のパワースポットの条件

先ほど「パワースポットとは磁場エネルギーが高い場所」とご説明しましたね。
パワースポットは日本全土に多数存在しているのですが、さらにパワースポットとして強いエネルギーをもっている条件があります。
それが、

  1. 地殻エネルギーの放出・凝縮地
  2. 磁場の変動地
  3. 波動の融合地

という3タイプです。
つまり、エネルギーを放出している、磁場が強い、波動エネルギーが融合している、この条件に当てはまる地がパワースポットとして大きなパワーをもつといわれているんです。
そして、これからご紹介する日本の三大パワースポットは、この3つの条件にそれぞれズバリと当てはまっています!

 

 

日本三大パワースポットをご紹介!

さてお待たせしました、ここで日本三大パワースポットをご紹介していきます!

タイトルでご覧いただいたとおり、日本の三大パワースポットとして有名なのは「富士山」「長野県の分杭峠」「石川県の聖域の岬」です。
日本中にパワースポットは存在しているのに、一体なぜこの「日本三大パワースポット」として有名なのでしょうか?
詳しくご説明していきますね。

 

①富士山

日本の三大パワースポット、まず一つ目は、「富士山(ふじさん)」です。

日本人で知らない人はいないほど有名な富士山は、静岡県と山梨県にまたがる標高3776mの活火山です。
日本で一番高い日本最高峰の山であり、日本の象徴として世界でも広く知られ、その風貌は芸術的にも大きく影響を及ぼしています。

富士山は、昔から神が宿る霊峰とされ、神聖視されてきました。
富士山には不思議なパワーが秘められているとして、人々に崇められ信仰の対象となってきたんです。

実際に、富士山は

  • フィリピン海プレート
  • ユーラシアプレート
  • 北米プレート

の3つのプレートが接合する地点です。
つまり、3つのプレートの地殻エネルギーが集まる場所が富士山なんです。
富士山は「地殻エネルギーがみなぎる場所」ですので、これは先ほどご説明したパワースポットの条件である
①地殻エネルギーの放出地
に当てはまります!

富士山は、土地のエネルギーが大きく集まり、また多く放出されている土地なんです。

 

・「富士山」人気のパワースポットポイント

「富士山」の人気パワースポットのポイントは、富士山「剣ヶ峰」です。
「剣ヶ峰」は富士山の山頂のこと、日本の最高地点である3,776mにあるポイントで、剣ヶ峰は山頂にある旧噴火口にあります。
富士山の山頂には大きな旧噴火口があり、この噴火口をぐるりと一周するように火口壁があります。
その火口外周壁の最も高いところが、日本の最高地点である「剣ヶ峰」というわけです。
つまり富士山の火口の頂点が1番のパワースポットポイントなんですね!

この火口壁の上には登山道が通っているため徒歩で移動することができます。
この火口壁を一周することを「お鉢巡り(おはちめぐり)」と呼ばれ、昔から富士山の信仰の1つとして行われてきたんです。
火口壁の周りを歩くことで、地下から沸き起こるマグマの様な強いパワーを感じることができるんです。
また、山頂から周りを見渡すと、目の前には広々とした雲海が広がっています。
青空とのコントラストは言葉にできないほど美しく、まるで別の世界に来たような感動を感じることができるでしょう。

剣が峰では、富士山からわきあがる熱いパワー、さらに雄大な景色からの解放感を感じることができるんですね。
自然の荒々しく美しいパワーは、まさに神秘的と言わざるをえないほどです。

 

・「富士山」まとめ

富士山剣ヶ峰には「日本最高峰富士山剣ヶ峰」と書かれた石碑が建てられており、パワースポットポイントが分かりやすくなっています。
ただし人気のスポットなので、写真を撮りたい人で順番待ちの列ができるようです。
また、火口周りの足場は不安定な場所も多く、悪天候では大変危険なルートです。
万全の準備の元、パワースポットポイントに向かうと良いでしょう。

 

②長野県の分杭峠

日本の三大パワースポット、二つ目は、長野県にある「分抗峠(ぶんぐいとうげ)」です。

分杭峠は、長野県伊那市にある南アルプス西側、伊那山脈にある峠で、標高は約1424mです。

分杭峠のある南アルプスは、中部地方から九州地方まで渡り、その長さは全長およそ1000mとされています。
分杭峠は、全く違う2つの地層がぶつかり合う「巨大断層地帯」の真上に存在し、日本最大にして最長の大断層地帯である「中央構造線」の真上にあるんです。
そのため、分杭峠は二つの地層から合わさった巨大な地殻エネルギーが凝縮されているといわれており、パワースポットとして有名なんですね。
分杭峠は、先ほどご説明したパワースポットの条件である
①地殻エネルギーの凝縮地
に当てはまります。
でも、分杭峠がパワースポットとして有名な理由は、それだけではないんです。

 

・「分杭峠」人気のパワースポットポイント

分杭峠は、実はパワースポット条件の一つ
②磁場の変動地
でもあるんです!

分杭峠の人気ポイントは、エネルギーの出入り口である「ゼロ磁場」です。
「ゼロ磁場」とは、「正」と「負」の2つのエネルギーがぶつかりあう特別な場所です。
2つのエネルギーがぶつかることでゼロを示す「ゼロ磁場」は、そのパワーによって心身を活性化させる、力を与えて元気にしてくれる効果があるといわれているんです。
分杭峠は2つの地層がぶつかり合っている場所なので、2つのエネルギーがダイレクトにぶつかりパワーが凝縮されています。
そのパワーが「ゼロ磁場」となり、強力な磁場エネルギーが沸き起こっているんですね。
分杭峠はこの「ゼロ地場」が世界でも類をみないほどのパワースポットなんです。

「ゼロ磁場」が感じられるパワースポットは森の中にあり、地元では「気場」と紹介されています。
気場までの道はハイキングコースのように整備されていて、看板を頼りにして歩いていくとたどり着くことができます。

気場では、土地からの磁場エネルギーによって身体の調子を整えることができ、さらに森林の澄んだパワーを取り入れることができます。
目を閉じて深呼吸したり、手を広げて空気を感じると良いでしょう。
気場のエネルギーを身体いっぱいに感じることができ、さらに気分がリフレッシュすることができます。

 

・「分杭峠」まとめ

分杭峠では森林浴効果もあるため、心身ともに清らかな気持ちになれ、心も体も軽くなります。
ストレスや悩みがあり苦しんでいる人は、ぜひ一度訪れて心身ともにリフレッシュするのがオススメです。
ただし「気場」までの道は崩れやすい部分もあるので、スニーカーなどの歩きやすくかかとの低い靴で行くと良いでしょう。

 

③石川県の聖域の岬

日本の三大パワースポット、最後の三つ目は、石川県にある「聖域の岬(せいいきのみさき)」です。

「聖域の岬」は、石川県能登半島の最北端にある珠洲岬(すずみさき)にあります。

聖域の岬の周辺の海岸線は、日本海に大きく突出している能登半島の地形も相まって、自然条件が複合している世界でも珍しい地帯です。
この海岸線には、

  • 南から来る暖かい海流 =対馬暖流
  • 北からの冷たい海流 =リマン寒流

この2つが交わります。

暖流と寒流が波状に合流するので、波動エネルギーの集積地となっているんです。
これは先ほどご説明したパワースポットの条件である
③波動の融合地
になります。

海流のせめぎ合いが活発な地点では、それによって純粋なエネルギーが多く生まれます。
聖域の岬は、波動エネルギーが合わった自然のパワーが強く集まる場所として有名なんです。

 

・「聖域の岬」人気のパワースポットポイント

「聖域の岬」の人気パワースポットポイントは、海中にある「ブルーホール」と呼ばれるパワーホールです。

「ブルーホール」とは、地形が海中へ水没し、浅瀬に穴が空いたように形成された地形のことです。
聖域の岬のブルーホールは、小さな溝が海流のせめぎ合いによって広げられ、なんと約500万年かかって出来たパワーホールなんです。
つまり、500万年かけてパワーが蓄えられてきた地形なんですね。
聖域の岬には、そんなパワーホールがその数合わせて15カ所もあり、「神秘のパワーホール」だといわれているんです。

聖域の岬のブルーホールは、岬を一望できる展望台から見ることができます。
透き通ったブルーのパワーホールはたまらないほど美しく、またその水面はまるで宝石の様に光り輝いて、その様子を見下ろすことで、ストレスや不調が晴れていくことでしょう。
また、展望台からは周りの絶景も見渡すことができるので、海だけではなく空・大地からのパワーを吸収することができます。
蓄積されていたモヤモヤがすっかり洗い流され、自然のエネルギーに満たされていくのを感じることができるでしょう。

 

・「聖域の岬」まとめ

聖域の岬は「らんぷの宿」のプライベートスペースになっています。
聖域の岬を満喫するならば、らんぷの宿に宿泊するのがオススメですよ。

 

 

日本三大パワースポットに行くなら

・行き先のスポットについて調べ、理解しておく

行きたいパワースポットが決まったら、パワースポットの場所やルールをしっかり把握しましょう。
パワースポットの中には険しい自然の中に存在するものも多いため、しっかりと準備していかないと大変な事になってしまいます。
適した服装、また道中の環境や状況など、下調べをして万全の準備をで行くようにしましょう。
また、一部のパワースポットには人が立ち入ってはならない場所があります。
ルールを知り守り、周りに迷惑をかけないこともパワースポットに行くにはとても大切なことなんです。

 

・その土地の気を吸収する

パワースポットに行くなら、その土地を満喫して十分に気を吸収しましょう。
パワースポットのパワーは食事からも得ることができます。
その土地の名物料理や、土地で生産された食材を積極的に食べると良いでしょう。
とくに水にはパワーが宿るとされているので、その土地で育った生産物を食べることでよりいっそうパワーを取り込むことができますよ。
お酒が飲める人は地酒を飲むのもオススメです。

 

 

日本誇る最強の三大パワースポットのまとめ

いかがでしたか?
日本にはこんな三大パワースポットがあるんですね。
ストレス社会な現代、パワースポットは多くの人に訪れられ、その心を癒しています。
「最近、疲れたなあ」「うまくいかないことが多いなあ」と感じている方はぜひ、パワースポットを訪れることオススメします。
ぜひ一度足を運んでみてくださいね!

世界のパワースポットセドナマウナラニの記事もありますのであわせて御覧ください。

世界三大パワースポット ハワイ島 マウナラニとは

世界一パワースポットセドナはどんなところ?

MIHARU SNS

Online Salonhttps://miharuk.jp/onlinesalon
Bloghttps://miharuk.jp/blog
Shophttps://miharuk.jp/shop
Twitterhttps://twitter.com/miharufitness
Instagramhttps://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw
アメブロhttps://ameblo.jp/miharu-jp/
ビキニスクール:https://miharu-k.info
LINE:http://nav.cx/fKXIKSM