熱中症対策完全マニュアル

35
熱中症対策マニュアル

梅雨が終わり夏に差し掛かるこの時期、気温が30℃を超える日も増えてきましたね。
そんな真夏日に心配になるのが「熱中症」です。
1年間の真夏日の日数が多くなると、熱中症の患者の数も多くなると言われています。

今回は「熱中症対策完全マニュアル」と題し、熱中症についての対策や知識をご紹介していきます!

 

目次

そもそも熱中症とはなにか?

熱中症とはなにか

熱中症とは、熱によって起こるさまざまな体の不調のことです。
体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたり、体温の調節機能や血液循環が乱れたりすることで発症します。
代表的なものが、めまい、けいれん、頭痛、立ちくらみ、などあり、熱中症の症状は様々です。

では一体どんな症状があるのでしょうか?
以下で詳しくご説明していきます。

 

熱中症の様々な症状

熱中症は、その重症度によって症状が変化し、
その症状はⅠ(1)度、Ⅱ(2)度、Ⅲ(3)度という3つの段階に分けられています。

  • Ⅰ度:軽症…立ちくらみ、筋肉痛、筋肉の硬直、大量の発汗
  • Ⅱ度:中等症…頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感
  • Ⅲ度:重症…意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温

軽症であれば現場での応急処置で対応できるとされているんですが、中等症以上は病院での治療が必要になります。
重症は入院して集中治療が必要性になってしまうほどの症状の重さです。
重症に向かうほど、自力で体を動かすことが困難になってしまい、身体能力に影響がでてきます。

熱中症を甘くみてはいけません。
我慢しているうちにどんどん悪化してしまう場合もありますので、あれ?と思ったら無理をせず体を休めましょう。

 

 

熱中症になりやすい場所とは?

熱中症になりやすい場所とは?

熱中症を予防するためには、まず熱中症になりやすい場所を知っておくことが大切です。

熱中症といえば
「屋外で炎天下に長時間いた」
「屋外の暑い中で運動していた」
など、屋外にいるからおこってしまう症状と思いがちですが、
実は屋内でも熱中症を発症する「室内型熱中症」のケースが少なくありません。

屋外でも屋内でも、

  • 気温が高い
  • 湿度が高い
  • 風が弱い
  • 日差しが強い
  • 日照の照り返しが強い
  • 急に気温が上がって暑くなった

こういった場所は熱中症になりやすいため注意が必要です。
屋外にいるときは日差しをさけ、風通しの良い場所に移動したり、
屋内では窓をあけて風をとりこんだりエアコン等で室内温度を下げると良いでしょう。

「温度が低ければ熱中症にならない」と思っていませんか?
実は、湿度が高かったり風がなく通気性が弱くても熱中症のリスクは存在します。
熱中症はとくに梅雨や夏序盤、湿度が高く急に暑くなる日が危険といわれています。
体が暑さに慣れていないので気温や湿度の変化についていけず体温調整機能が乱れてしまうんです。
熱中症になりやすい状況を知っておくことで、熱中症のリスクを減らすことができます。
暑いときは無理せず、涼しい場所で過ごすことで熱中症を予防しましょう。

 

 

熱中症にならないための4つの対策

熱中症にならないための4つの対策

ここでは熱中症にならないための対策をご紹介します。
熱中症にならないために、次のようなことに気をつけてみましょう!

 

暑さを避ける!

暑さを避ける!

熱中症にならないためには、まず暑さを避けてください。
外出時は帽子や日傘で直射日光を遮ったり、なるべく日陰を歩いたりして、直射日光が体に当たらないように工夫しましょう。
室内では窓際にブラインドやすだれで直射日光を遮って温度の上昇を防止したり、あまり我慢せず扇風機やエアコンで室温・湿度を調整すと良いですね。
工夫して暑さを避けることが大切です。

 

熱がこもらない服装にする!

熱がこもらない服装にする!

熱中症にならないために、熱がこもらないような服を着ると良いでしょう。
吸収性や通気性のよい綿や麻などの素材や、袖口や襟ぐりがあいたデザインにすることで熱がこもりにくくなります。
また、中に吸水・速乾性のインナーを着ることで、かいた汗をすばやく吸収してくれるのでおすすめですよ。

 

こまめに水分補給する!

こまめに水分補給する!

日頃からこまめな水分補給を心がけましょう!
体内の水分が減ってしまうと、塩分濃度があがり筋肉や血管に負担をかけてしまいます。
暑い日は知らないうちに汗をかいて体内の水分が失われていることがあるので、こまめに水分を補給することが大切です。
ただし利尿作用のあるカフェインが多く含まれている飲み物やアルコールはNGです。
体内の水分と共に失われがちなミネラルを補給できる麦茶などがベストです。
のどの乾かなくてもしっかりと飲みましょう!

 

適度に運動して汗をかく!

適度に運動して汗をかく!

熱中症にならないために普段から汗をかいておくことが大事です。
人は汗をかかないと汗を発生させる汗腺に老廃物がたまりやすくなってしまったり、汗腺の機能が低下して汗をかきづらくなってしまいます。
汗をかいて体温調整するわけですから、汗をかかないと体内に熱がこもりやすくなってしまうんですね。
普段からウォーキングや軽い筋トレなど、適度に運動し汗をかく習慣を身につけておきましょう。

 

 

熱中症の応急処置を知っておこう!

熱中症の応急処置を知っておこう!

どんなに予防しても、熱中症になってしまう場合がありますよね。
そんなときどんな応急処置をすれば良いんでしょうか?

また熱中症はできるだけ早期に気づき対処することで、危険な状態をさけることができます。
応急処置を知っておくことで、自分や周りが熱中症になっても冷静に対応できますよね。
熱中症の応急処置の知識を知っておきましょう!

まず、熱中症が疑われる場合は次のような対応を行いましょう。

 

涼しい環境に移動させる

涼しい環境に移動させる

風通しの良い日陰や、クーラーが効いている室内に移動させましょう。
熱の高い環境から抜け出すことが大切です。

 

身体を冷やす

身体を冷やす

まず熱がこもりやすい衣類を脱がせて、体内の熱を外に出しやすい状態にしましょう。
さらに、露出した皮膚に水をかけたり、うちわや扇風機などで風をあてて体内の温度を下げることが大切です。
氷嚢を首、わきの下、太ももの付け根など、太い血管が通っている部位を冷やし、血液を冷やすことで体温を下げる方法もあります。

 

水分と塩分を補給する

水分と塩分を補給する

自力で飲める状態なら、冷たい水や、塩分も同時に補える経口補水液を補給させましょう。意識障害がある場合は、気道に流れこむリスクがあるので水分補給はNGです。
また、吐き気や嘔吐の症状がある場合、ダメージによって胃腸の動きが鈍っていることがあるのでその場合も口からの水分補給は避けたほうが良いでしょう。

熱中症を疑う症状があるとき、意識がない、呼びかけに対する返事がおかしいなどの場合はすぐに救急車を呼びましょう!
水分を自力で摂れない、症状が改善しない場合も無理をせず医療機関を受信することをおすすめします。

 

 

マスクで熱中症になる?

マスクで熱中症になる?

現在飛沫の拡散予防のため、個々の着用率が高くなっているマスク。
実はこのマスクも、熱中症のリスクを高めている場合があります。

マスクを着用する場合、マスクを着用していない場合と比べると、心拍数や呼吸数、体感温度が上昇し体に負担をかけているといわれているんです。
高温・多湿の環境下でのマスク着用はリスクがあるんですね。
周囲の人と距離が十分に確保できる場合はマスクを一時的にはずしたりなど、適度に休憩することが必要です。
また夏用の冷感マスクなども市販で販売されているので利用しても良いですね!

 

熱中症完全マニュアルまとめ

マスクでリスクを高めていませんか?熱中症対策完全マニュアル

いかがでしたか?
熱中症対策完全マニュアルと題してご紹介しました。
熱中症は誰でもなりえる可能性があります。
自分なら大丈夫、などど過信せず、体調に気をつけることが大切です。
熱中症を予防して暑い夏でも楽しく過ごしましょう!

 

こちらの記事も一緒に読んでいただくと夏運動する際に注意すること点(ナトリウムとカリウムのバランスを含め)が分かります!

 

もっと詳しく!自分にあったカスタマイズのメニュー・スケジュール

もっと詳しく!自分にあったカスタマイズのメニュー・スケジュール

MIHARUがあなたのトレーニングスケジュールや目的に合わせたカスタマイズされたトレーニングメニューの製作★
食事のとり方・サプリメントスケジュールなどなど一人ひとりにあったメニュー製作もおこなっています。

ご希望の方は下記からご連絡お待ちしております!

オンライン グループトレーニングをはじめましたのでご興味がある方は是非一緒にトレーニングをしましょう!
オンライン グループトレーニング