乳酸菌(プロバイオティクス)サプリって本当にいいの?

8
乳酸菌サプリは効果があるのか?

ヨーグルトやキムチなどでおなじみの乳酸菌

乳酸菌はプロバイオティクスの代表的な菌としても知られています。

 

ちなみにプロバイオティクスとは腸内環境を良好に保つ微生物のこと、つまり整腸作用や免疫調節作用などに良い影響を与える微生物のことを言います。

今、日本のみならず世界各国でプロバイオティクス研究が進められ、さまざまな健康効果が報告されてきています。

今回は、そんなプロバイオティクスの健康効果について紹介していきたいと思います。

 

 

乳酸菌(プロバイオティクス)ってなに?

乳酸菌(プロバイオティクス)ってなに?

プロバイオティクス(probiotics)という言葉は、

1989年、イギリスの微生物学者ロイ・フラー(Roy Fuller)博士が、
「腸内細菌のバランスを改善することによって宿主に有益な影響をもたらす生きた細菌食品」と定義し、以後世界中にその概念が広まっていきました。

 

プロバイオティクスとして知られる菌種の代表選手が【乳酸菌】ですが、プロバイオティクスには他にも様々な種類があり納豆菌、酪酸菌などがあります。

また、典型的なプロバイオティクスである乳酸菌はさらに細かくさまざまな種に分けられます。

 

乳酸菌の中でプロバイオティクスとして有名なものには、

  • ビフィズス菌
  • ブルガリア菌
  • カルピス菌
  • ラブレ菌
  • ラクトバチルス
  • カゼイ
  • LG21
  • フェカリス菌など

があります。

 

こうした乳酸菌は胃酸などで分解されず、生きたまま大腸に到達できると、大腸の粘膜に張り付いて棲みつき、自分たちのエサとなる乳酸や酢酸などを作り、仲間を増やしていくことができます。

 

腸には無数の細菌が腸壁にびっしりと張り付いて生息しており、その様子はお花畑(フローラ)にたとえられます。

腸内のお花畑には乳酸菌だけでなく、大腸菌、ブドウ球菌、ウェルシュ菌、レンサ球菌などさまざまな菌が群生しています。

そしてこれらの菌の中にはガンや腸炎を起こす原因となる菌も存在します。

 

このようなさまざまな菌が棲みついている腸内で身体に優しい乳酸菌を増やし、身体をより健康な状態に導くことに寄与するのがプロバイオティクスなのです。

 

 

乳酸菌(プロバイオティクス)を摂取することの効果

乳酸菌(プロバイオティクス)を摂取することの効果

乳酸菌は腸内で仲間たちを増やしていくことでその効果を発揮していきます。

積極的にプロバイオティクスを摂取することの意義は、腸内のお花畑を乳酸菌いっぱいにすること。

そして、身体にやさしい乳酸菌を腸内いっぱいにすることによって健康効果を得ることにあるのです。

 

乳酸菌の健康効果として有名なのが整腸作用です。

乳酸菌は便秘・下痢の予防や健康維持の手助けをしてくれることはすでにさまざまな研究でも立証されていますし、実際に世界中で非常に多くの人々がヨーグルト、味噌、キムチ、乳酸菌トクホ商品など乳酸菌を多く含む食品を健康のために常用しています。

 

 

乳酸菌(プロバイオティクス)をサプリメントで摂るのは効果的か?

乳酸菌(プロバイオティクス)をサプリメントで摂るのは効果的か?

乳酸菌は生きて大腸まで到達できれば大腸内で乳酸や酪酸などを作り、仲間を増やして腸内環境を改善していきます。

ヨーグルトやキムチ、漬物などの食品には乳酸菌が多く含まれています。

でもこれらを食べると胃酸でほとんどの乳酸菌が死んでしまいます。

 

こうした乳酸菌はプロバイオティクスとして働くことはほぼ不可能なのですが、サプリメントではこの点を克服しています。

サプリメントメーカーは、LGG乳酸菌やビフィズス菌GCL2505株などのような胃腸の酸で溶けない乳酸菌を開発したり、胃酸で溶けず、腸で溶ける成分で乳酸菌をコーティングしたカプセル錠を開発したりして、プロバイオティクスとしての乳酸菌を提供しています。

 

グリコが提供しているビフィズス菌BifiXは生きたまま大腸へと到達し、増殖する能力があることが確認されています。

(参考サイト)https://www.glico.co.jp/laboratory/bifix/02.html

わたしが摂っている乳酸菌サプリは

おすすめ乳酸菌サプリ

 

近年注目されてきていることは、

乳酸菌には短鎖脂肪酸(乳酸、酢酸、酪酸、プロピオン酸など)を作る働きがあるということです。

たとえば酢酸にはウェルシュ菌や病原性大腸菌、黄色ブドウ球菌など腐敗物質や悪臭を生み出す菌(悪玉菌とも呼ばれます)を殺菌し、増殖を抑える作用があることが確認されています。

また、酪酸やプロピオン酸には腸粘膜をウイルスなどの病原体が腸管からの侵入するのを防ぐ働きがあることが知られています。

胃酸で分解されず腸に届き、そこで働くように設計されたサプリメントはこうしたプロバイオティクスの恩恵を受けるのにより効率的なものであると言えるでしょう。

 

 

乳酸菌(プロバイオティクス)の正しい飲み方と保存

乳酸菌(プロバイオティクス)の正しい飲み方と保存

腸内細菌のバランスは乳酸菌をたくさん食べたからといってそう簡単には変わるものではありません。

いちばん重要なのはプロバイオティクスを毎日続けることです。

時間をかけて少しずつ乳酸菌、酪酸菌などの善玉菌の割合を増やしていく必要があるのです。

 

ヨーグルトやキムチ、納豆など生鮮食品に含まれるプロバイオティクスは乳酸菌の鮮度は高いのですが冷蔵保存が必要です。

そのため持ち歩きには向かないのでランチやお弁当などでは摂るのが難しいでしょう。

 

プロバイオティクスを積極的にかつ効率的に摂取したいならばサプリメントが最適です。

乳酸菌というと乳酸菌飲料を始め、ヨーグルトやキムチなど冷蔵庫の中で保存しないといけないだろうといったイメージを持つ人もいるかもしれませんが、サプリメントには常温で、しかも粉末状態でも生き続けられるような乳酸菌が使われているのです。

とはいえ乳酸菌は生き物です。

メーカーが定めている賞味期限や消費期限の期間内で摂取すべきで点にはご注意くださいね!!

おすすめな乳酸菌

乳酸菌(プロバイオティクス)サプリって本当にいいの?に関するMIHARUのコメント

★乳酸菌(プロバイオティクス)は私は減量中にサプリメントとして摂取しています。

減量中はオフシーズンと違って食べられるものが限られてくるので、摂取できる栄養素も不足しがちです。

逆にオフシーズンは、食事でまかなえるように、バランス良く食材を選びます。

自身の食生活、生活環境に合わせて摂取するサプリメントをしっかり選んで選択していきたいですね!

MIHARU SNS

Online Salonhttps://miharuk.jp/onlinesalon
Bloghttps://miharuk.jp/blog
Shophttps://miharuk.jp/shop
Twitterhttps://twitter.com/miharufitness
Instagramhttps://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw
アメブロhttps://ameblo.jp/miharu-jp/
ビキニスクール:https://miharu-k.info
LINE:http://nav.cx/fKXIKSM