発酵食品と健康法

75

「発酵食品は身体に良い」と聞いたことはありませんか?
発酵食品は、多くのメディアで健康法として取り上げられ、食べることをオススメされている食品です。

しかし、実際になにが良いのか、発酵食品にはどんなものがあるのか、など疑問に思いますね。
今回はそんな発酵食品と健康についてご紹介していきます。

 

目次

発酵食品は体や健康に良いのか?
「発酵食品」とはどんなもの?

発酵食品とは、菌や微生物によってタンパク質や糖質が分解され作られる食品のことです。
発酵=腐っているだけ、と思いがちですが、実はそうではありません。
発酵食品とは、菌によって腐敗しても人間が食べられるもの、と決まっているんですね。
つまり発酵とは、微生物や菌を利用して、新しい食品を作る行程なんです。

 

 

よく食べられている「発酵食品」

発酵で利用される菌で有名なのは、乳酸菌、納豆菌、麹菌、酵母菌などです。
これらの菌が食材に付着し、その食材に含まれる成分を分解し、発酵食品という新しい産物を作り出します。

乳酸菌が牛乳の糖類を分解し作られるヨーグルト、納豆菌は言わずもがな、大豆を発酵させ納豆を作りますよね。
麹菌は、米の糖類を分解させて日本酒を作ります。
味噌も、麹菌が大豆のタンパク質を分解することで作り出します。

その他、酢、醤油、漬物、甘酒など、発酵食品の数は数えきれないほどあるんです。

 

 

発酵食品が体に良い4つの理由

発酵食品には、身体にうれしい健康になれる要素がたっぷりつまっています。
発酵食品を摂ることでなぜ健康になれるんでしょうか?
これから理由をご説明していきます。

 

1、身体が栄養素を吸収しやすくなる

発酵食品は、食品に含まれている栄養素を細かく分解する効果があります。
このため、身体が栄養素を吸収しやすくなるんです。

たとえばタンパク質は、原料のタンパク質、糖類はペプチド、アミノ酸、二糖類、ブドウ糖に分解され、吸収されやすくなります。
栄養素が吸収しやすくなると、体内で栄養素が効率的に利用され、各々の栄養機能に大きくアップすることができます。

このように、栄養素を吸収しやすくすることで、栄養素がいきわたり身体がパワーアップし、より健康になれるんですね。
また、吸収しやすく分解された栄養素は胃腸へ負担が少く、その点でも身体にとっても良い食品なんです。

 

2、腸内環境を整えて免疫力アップ

発酵食品は腸内環境を整え、免疫力をアップさせる力があります。

実は腸は免疫器官といわれており、体の免疫機能の実に60%は腸に集中しています。
腸には、体に侵入してくる病原菌や有害物質などの異物から体を守るために、多くの免疫防御システムが備わっているんです。
なので、腸内環境を整えて腸を元気にすることは、免疫力を高め、身体全体の健康に繋がります。

発酵食品には、体の健康を保つためによい働きをする「有用菌」という細菌が多く含まれています。
有用菌は、腸内の腐敗物質の増加を抑え、病原体などと戦う免疫細胞を活性化してくれます。
発酵食品を摂ることで、まずこの有用菌によって免疫力を上げることができます。
さらに乳酸菌には、プロバイオティクスという腸内を弱酸性に保って悪玉菌を除去し、善玉菌を優勢にする働きをする効果があります。
そのため、腸内細菌全体のバランスを整えてくれる効果があるんです。
これによってさらに免疫力がアップされます。

腸内環境を整える効果を持つ発酵食品は、免疫力アップに大きな効果を発揮します。
このため、風邪などのウイルス感染を防止することにもつながります。

 

腸内環境を整える為に乳酸菌サプリも有効的ですので参考にしてみてください!

乳酸菌(プロバイオティクス)サプリって本当にいいの?

 

3、アンチエイジング効果

発酵食品を摂るとアンチエイジング効果も期待できます。

身体の老化の原因は、体のサビともいわれる活性酵素による体内の酸化にあります。
体内の酸化が進むと、「酸化ストレス」が生じて、体内のさまざまな細胞に悪い影響を与えます。
この酸化を防ぐには、抗酸化物質という酸化を抑えてくれる栄養素の摂取が必要です。
発酵食品にはこの抗酸化物質が豊富に含まれていて、ビタミンC、カロテン、ポリフェノールなどが、体内で増えすぎた活性酸素を抑え、正常なバランスに整えることができるんです。

このように、発酵食品には細胞を老化させないアンチエイジング効果があります。
肌の老化が気になる方にもとてもオススメです。

マヌカハニーでウイルス対策

 

4、生活習慣病を防ぐ

発酵食品は生活習慣病も予防できます。

発酵食品に含まれている抗酸化成分には、動脈硬化の抑制効果もあるといわれています。
血栓の主成分であるフィブリンを分解することで、血栓ができないようにする働きがあるからなんです。
このため、血圧の上昇を抑えたり、コレステロールの低下をうながす効果があるんです。
発酵食品を摂ることで、生活習慣病を未然に防ぐことができるんですね。

 

 

発酵食品は食事を変える!

ここでは、「発酵食品は食事を変える」と称して、発酵が食事にもたらす影響をご紹介していきます。

なぜ、食材を発酵させ発酵食品にしたのでしょうか?
発酵させるメリットとは?
その謎を「食事」というキーワードを絡めてご説明していきますね。

 

・食材の栄養素が高まる!

実は、発酵させると食材の栄養素が高まり、身体にとって良い成分を増やすことができるんです。

食品が発酵すると、菌の働きで栄養素やその機能が変化します。
たとえば納豆は納豆菌の働きによって、独自の成分・ナットウキナーゼを生みだします。
ナットウキナーゼには、血液の流れを良くし、血栓を溶かす働きがあります。
また、ヨーグルトは、酵素の働きによって、牛乳に比べてカルシウムが体内で吸収しやすい形に変化しています。

この他にも、菌は発酵の過程で抗生物質や免疫物質を生み出したり、アミノ酸、クエン酸、ビタミン類などの成分を合成するため、結果的に食品の栄養価が高まるんです。

 

・おいしさがプラスされる!

発酵させると、食材がもつ旨味も増えるんです。
その理由は、発酵し菌が原料のタンパク質を分解すると、旨みを感じるグルタミン酸が増えるからなんです。
また、糖類を分解し甘みを感じるブドウ糖も増やすことができるので、食材のおいしさがぐんとアップするんです。

 

・保存性が高まる!

発酵させると、食材の保存性を高めることができます。
発酵食品は長期保存できるものが多く、保存食として生み出されたものも少なくありません。
発酵食品に含まれる善玉菌は、腐敗の原因となる悪玉菌の働きを抑える役割があります。
また、発酵によって生まれた成分そのものが殺菌作用を持つこともあります。
このため、生の状態よりも発酵させたほうが長期間の保存が可能になるんです。

発酵食品は食事においしさを与えてくれる上に健康にもなれる、すばらしい食品なんですね。

 

まとめ

いかがでしたか?
今回は、発酵食品の健康法についてご紹介しました。

発酵食品は、まさに生きた健康食です。
ぜひ毎日の食卓に発酵食品を取り入れて健康になりましょう!

 

MIHARU SNS

Online Salonhttps://miharuk.jp/onlinesalon
Bloghttps://miharuk.jp/blog
Shophttps://miharuk.jp/shop
Twitterhttps://twitter.com/miharufitness
Instagramhttps://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw
アメブロhttps://ameblo.jp/miharu-jp/
ビキニスクール:https://miharu-k.info
LINE:http://nav.cx/fKXIKSM