ホーム GM BLOG ページ 7

GM BLOG

MIHARUのGeneral managerがメインで書くブログになります。

悪い姿勢とは何なのか?

前回のブログでは“正しい姿勢”についてお伝えしました。 今回は“正しい姿勢”ではなく、“悪い姿勢”とは一体どんな姿勢なのかお伝えします。 悪い姿勢を詳しく知ることで、日常生活でどんなことに注意すればいいのか、また自分の姿勢を見直すきっかけとなりますので、しっかり確認していきましょう。 https://miharuk.jp/good-posture   また次回のブログで姿勢を改善するトレーニングについての記事を考えていますので楽しみにしていて下さい。   1)悪い姿勢とは?その原因と改善方法 前回のブログでもお伝えしましたが、“正しい姿勢”の定義を、自然で機能的な姿勢としました。 悪い姿勢も同様に定義を立てようと思います。 ここでの悪い姿勢とは、日常生活やトレーニングにおいてケガや慢性的な疲労のリスクがあるものを悪い姿勢とします。     2)猫背・円背 悪い姿勢の定番と言われるのが“猫背”です。猫背は一般的に認知されている症状ですね。 この猫背を超えて骨まで変形させてしまう症状が、小題にもあるように「円背」と呼ばれます。   猫背とは背中が丸く曲がってしまう状態を言いますが、猫背がひどい状態では『脊柱後弯症』=円背と診断されてしまいます。 脊柱後弯症は背骨のS字カーブが変形し、腰椎部分が過度に後ろに丸くなり、最終的にはその状態が定着し、生活に支障をきたしてしまうのです。 もし、円背になった場合、改善するのが非常に大変な傷害です。そうなる前に姿勢を改善し、治していきましょう。 猫背も治っちゃう ❤❤#ペット #かわいい #動物 pic.twitter.com/KuobUxqDnx — 激かわどうぶつch (@ch49215809) April 6, 2020 猫背にもタイプあり💡 ①円背型👉胸椎後弯 ②巻き肩型👉肩甲骨外転、肩関節内旋 ③顔出し型👉頚椎伸展 ④首なし型👉胸椎後弯+頚椎伸展+肩甲骨外転、肩関節内旋 見分けのポイントは、頚椎、胸椎、肩甲骨☝️ 混合する場合が多いですが、 「◯◯型よりの猫背」 と評価する事で対処しやすくなります。 pic.twitter.com/OTYR5mYAHS — hide@パーソナルトレーナー/講師 (@hide_sharez) March 2, 2020   ○原因 猫背や円背の原因になるのは、先天的な原因と後天的な原因があります。 先天的後弯症などの、生まれつき背骨のS字カーブに症状がある場合 加齢とともに背骨の変形や骨粗しょう症が原因で背骨の変形がある場合 日常生活での長時間同じ姿勢を繰り返したり、姿勢の癖によるもの 高齢者の場合、背骨の変型による猫背や円背の発症事例は多いと伺いますが、20代〜60代での猫背の発症は日常生活が起因しています。デスクワークや長時間の運転をする方、農作業などの中腰を続ける仕事の人は筋肉や関節もその状態で固定されやすく、猫背になりやすいです。   ○症状 猫背には下記のような症状を誘発します。 頭が前に落ちてきて(あごが前に出る状態)“肩こり”誘発する。 猫背によって頚椎(首)にストレスがかかり“ストレートネック”に移行する場合もある。 胸郭が閉じやすくなり、“呼吸が浅くなる”。それにより、全身が固まりやすくなる。 猫背になると肩が前に丸まり、腕の痺れや力が入らなくなることがある。 骨盤の前傾を引き起こし“慢性腰痛”や“ギックリ腰”へ移行しやすくなる。   ○対処・改善 ...

発酵食品と健康法

「発酵食品は身体に良い」と聞いたことはありませんか? 発酵食品は、多くのメディアで健康法として取り上げられ、食べることをオススメされている食品です。 しかし、実際になにが良いのか、発酵食品にはどんなものがあるのか、など疑問に思いますね。 今回はそんな発酵食品と健康についてご紹介していきます。   発酵食品は体や健康に良いのか? 「発酵食品」とはどんなもの? 発酵食品とは、菌や微生物によってタンパク質や糖質が分解され作られる食品のことです。 発酵=腐っているだけ、と思いがちですが、実はそうではありません。 発酵食品とは、菌によって腐敗しても人間が食べられるもの、と決まっているんですね。 つまり発酵とは、微生物や菌を利用して、新しい食品を作る行程なんです。     よく食べられている「発酵食品」 発酵で利用される菌で有名なのは、乳酸菌、納豆菌、麹菌、酵母菌などです。 これらの菌が食材に付着し、その食材に含まれる成分を分解し、発酵食品という新しい産物を作り出します。 乳酸菌が牛乳の糖類を分解し作られるヨーグルト、納豆菌は言わずもがな、大豆を発酵させ納豆を作りますよね。 麹菌は、米の糖類を分解させて日本酒を作ります。 味噌も、麹菌が大豆のタンパク質を分解することで作り出します。 その他、酢、醤油、漬物、甘酒など、発酵食品の数は数えきれないほどあるんです。     発酵食品が体に良い4つの理由 発酵食品には、身体にうれしい健康になれる要素がたっぷりつまっています。 発酵食品を摂ることでなぜ健康になれるんでしょうか? これから理由をご説明していきます。   1、身体が栄養素を吸収しやすくなる 発酵食品は、食品に含まれている栄養素を細かく分解する効果があります。 このため、身体が栄養素を吸収しやすくなるんです。 たとえばタンパク質は、原料のタンパク質、糖類はペプチド、アミノ酸、二糖類、ブドウ糖に分解され、吸収されやすくなります。 栄養素が吸収しやすくなると、体内で栄養素が効率的に利用され、各々の栄養機能に大きくアップすることができます。 このように、栄養素を吸収しやすくすることで、栄養素がいきわたり身体がパワーアップし、より健康になれるんですね。 また、吸収しやすく分解された栄養素は胃腸へ負担が少く、その点でも身体にとっても良い食品なんです。   2、腸内環境を整えて免疫力アップ 発酵食品は腸内環境を整え、免疫力をアップさせる力があります。 実は腸は免疫器官といわれており、体の免疫機能の実に60%は腸に集中しています。 腸には、体に侵入してくる病原菌や有害物質などの異物から体を守るために、多くの免疫防御システムが備わっているんです。 なので、腸内環境を整えて腸を元気にすることは、免疫力を高め、身体全体の健康に繋がります。 発酵食品には、体の健康を保つためによい働きをする「有用菌」という細菌が多く含まれています。 有用菌は、腸内の腐敗物質の増加を抑え、病原体などと戦う免疫細胞を活性化してくれます。 発酵食品を摂ることで、まずこの有用菌によって免疫力を上げることができます。 さらに乳酸菌には、プロバイオティクスという腸内を弱酸性に保って悪玉菌を除去し、善玉菌を優勢にする働きをする効果があります。 そのため、腸内細菌全体のバランスを整えてくれる効果があるんです。 これによってさらに免疫力がアップされます。 腸内環境を整える効果を持つ発酵食品は、免疫力アップに大きな効果を発揮します。 このため、風邪などのウイルス感染を防止することにもつながります。   腸内環境を整える為に乳酸菌サプリも有効的ですので参考にしてみてください! 乳酸菌(プロバイオティクス)サプリって本当にいいの?   3、アンチエイジング効果 発酵食品を摂るとアンチエイジング効果も期待できます。 身体の老化の原因は、体のサビともいわれる活性酵素による体内の酸化にあります。 体内の酸化が進むと、「酸化ストレス」が生じて、体内のさまざまな細胞に悪い影響を与えます。 この酸化を防ぐには、抗酸化物質という酸化を抑えてくれる栄養素の摂取が必要です。 発酵食品にはこの抗酸化物質が豊富に含まれていて、ビタミンC、カロテン、ポリフェノールなどが、体内で増えすぎた活性酸素を抑え、正常なバランスに整えることができるんです。 このように、発酵食品には細胞を老化させないアンチエイジング効果があります。 肌の老化が気になる方にもとてもオススメです。 マヌカハニーでウイルス対策   4、生活習慣病を防ぐ 発酵食品は生活習慣病も予防できます。 発酵食品に含まれている抗酸化成分には、動脈硬化の抑制効果もあるといわれています。 血栓の主成分であるフィブリンを分解することで、血栓ができないようにする働きがあるからなんです。 このため、血圧の上昇を抑えたり、コレステロールの低下をうながす効果があるんです。 発酵食品を摂ることで、生活習慣病を未然に防ぐことができるんですね。     発酵食品は食事を変える! ここでは、「発酵食品は食事を変える」と称して、発酵が食事にもたらす影響をご紹介していきます。 なぜ、食材を発酵させ発酵食品にしたのでしょうか? 発酵させるメリットとは? その謎を「食事」というキーワードを絡めてご説明していきますね。   ・食材の栄養素が高まる! 実は、発酵させると食材の栄養素が高まり、身体にとって良い成分を増やすことができるんです。 食品が発酵すると、菌の働きで栄養素やその機能が変化します。 たとえば納豆は納豆菌の働きによって、独自の成分・ナットウキナーゼを生みだします。 ナットウキナーゼには、血液の流れを良くし、血栓を溶かす働きがあります。 また、ヨーグルトは、酵素の働きによって、牛乳に比べてカルシウムが体内で吸収しやすい形に変化しています。 この他にも、菌は発酵の過程で抗生物質や免疫物質を生み出したり、アミノ酸、クエン酸、ビタミン類などの成分を合成するため、結果的に食品の栄養価が高まるんです。   ・おいしさがプラスされる! 発酵させると、食材がもつ旨味も増えるんです。 その理由は、発酵し菌が原料のタンパク質を分解すると、旨みを感じるグルタミン酸が増えるからなんです。 また、糖類を分解し甘みを感じるブドウ糖も増やすことができるので、食材のおいしさがぐんとアップするんです。   ・保存性が高まる! 発酵させると、食材の保存性を高めることができます。 発酵食品は長期保存できるものが多く、保存食として生み出されたものも少なくありません。 発酵食品に含まれる善玉菌は、腐敗の原因となる悪玉菌の働きを抑える役割があります。 また、発酵によって生まれた成分そのものが殺菌作用を持つこともあります。 このため、生の状態よりも発酵させたほうが長期間の保存が可能になるんです。 発酵食品は食事においしさを与えてくれる上に健康にもなれる、すばらしい食品なんですね。   まとめ いかがでしたか? 今回は、発酵食品の健康法についてご紹介しました。 発酵食品は、まさに生きた健康食です。 ぜひ毎日の食卓に発酵食品を取り入れて健康になりましょう!   MIHARU SNS Online Salon:https://miharuk.jp/onlinesalon Blog:https://miharuk.jp/blog Shop:https://miharuk.jp/shop Twitter:https://twitter.com/miharufitness Instagram:https://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/ Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw アメブロ:https://ameblo.jp/miharu-jp/ ビキニスクール:https://miharu-k.info LINE:http://nav.cx/fKXIKSM

正しい姿勢とは?

私達日本人にとって“姿勢を正して”と言う言葉は、昔から馴染みのあるものだと思います。 小・中学校の義務教育に入ってからは、全校集会が行われる度に“姿勢”に対して厳しく教えられることが当たり前になりました。 義務教育を卒業し、高校・大学そして社会人になると、人前で話す機会も増え“綺麗な姿勢”を求められ、それが社会人の中での“正しい姿勢”として求められてきました。   しかし、私自身がトレーニングをするようになり、 小さい頃から言われてきた“正しい姿勢”・“綺麗な姿勢”は自分の身体に合っているのか疑問を持つようになりました。 また、日本の礼儀作法に則れば、学校で教わるような姿勢は一般的に正しいものだと言えますが、これは日常生活やスポーツ、トレーニングの正しい姿勢に当てはまるのでしょうか。   1)“気をつけ”の姿勢 “正しい姿勢” 小学生の頃、「前にならえ!気をつけ!礼!」と先生の号令の元、全校集会に参加した経験があるかと思います。 この時の“気をつけ!”の姿勢、これが日本で言われている正しい姿勢に当てはまります。   背筋はもちろん、全ての関節をピンと伸ばしたこの姿勢を続けていると、腰や膝、首、肩といった部位が疲れますよね。   なぜ、教育の現場に“気をつけ”の姿勢が取り入れられてきたのでしょうか。 “気をつけ”について調べるとこのように書かれていました。 《「気をつけ」は各国の軍隊、準軍隊組織、警察の基本教練科目に必ず取り入れられている姿勢、号令である。〜中略〜日本の学校教育などでは、一般市民の教育やしきたりとしても取り入れられている。:Wikipedia内一部参照(HTTPS://JA.M.WIKIPEDIA.ORG/WIKI/気をつけ)》   また、その後には 《そのため、近代以降は「気をつけ」は目上の人物への敬意や集団の規律を表す世界共通のボディランゲージとなっている。:Wikipedia内一部参照(HTTPS://JA.M.WIKIPEDIA.ORG/WIKI/気をつけ)》   “気をつけ”の姿勢は、教育や集団生活の中での規律を正すための行動の一環として取り入れられてきたのではないかと思います。 “気をつけ”の姿勢は、人に魅せる礼儀の一環であり、日本の礼儀作法として行うべき所作ですが、そのことを踏まえると身体にとって最適で自然な姿勢、人間本来の正しい姿勢は他にあるといえます。   では、身体にとって最適で自然な姿勢とは、いったいどんな姿勢なのでしょうか。 まもるやで~ 今日から伊丹駐屯地で「女性限定2泊3日自衛隊生活体験」が始まったんやで。 まず最初は、迷彩服を着て着隊式を実施! 「気をつけ!」「敬礼!」 教わったばかりとは思えないほどみんなバッチリきまってたで(*゚▽゚)ノ#自衛隊 #イベント pic.twitter.com/4axS03sH6p — 自衛隊大阪地方協力本部@公式 (@osaka_pco) July 29, 2019     2)自然な正しい姿勢とは 日常生活を送る上での姿勢やトレーニング中の姿勢は、意識すべきポイントが異なります。 その上で、先ほどの気をつけの姿勢を思い浮かべてみてください。 両足の踵を合わせ、つま先をやや開き、背筋をピンと伸ばして、胸を張ります。 そして、あごを引いて手は腿の横に添える。 この姿勢には身体のいたるところにストレスを与えます。   ①背骨のS字カーブ まず、確認したいのは背骨の形です。背骨は真っ直ぐに頭から腰まで延びているのではなく、身体を横から見ると緩やかなS字のカーブを描いています。このS字カーブが身体にかかる重力を分散させ、首や腰、膝などの関節、脳への衝撃を吸収しています。ストレートネックと呼ばれる傷害では、首の頸部がカーブを描いておらず、真っ直ぐな形をしていることで、首回りから頭にかけて過度なストレスがかかり、頭痛や肩こりなどを引き起こします。“気をつけ”の姿勢はこのS字のカーブを不自然な形に変えてしまい、衝撃吸収が出来ず脚から腰、頭における至る部分にストレスをかけ、痛みを引き起こす原因になります。 🔶背骨はなぜS字のカーブを描くのか S字カーブは地面からの衝撃を緩衝し、頭部への振動を軽減する役割を持ちます👨‍🏫 胎児期・新生児期は、 抗重力肢位を撮ることがないため脊柱全体がC字のカーブとなっています。 首が座るとS字カーブが形成され始めます❗ pic.twitter.com/scddzryD2S — ゆう|フリーランス勇者 Lv.23 (@Draque_Yusha) June 26, 2019 【からだの豆知識】 背骨は2回S字カーブです。 「背筋ピーン」とすると痛くなります。 なぜなら背骨はS字カーブが2回あって、曲がっている事で体重を分散しつつ、強度を保っているからです。体のためには「背筋ピーン」を意識するより、背骨の湾曲を思った方がいいです( ˙▿︎˙ )/ #良い姿勢 #姿勢 pic.twitter.com/O2tyCkHs2h — Melemedyちひろ@セラピスト (@MekealohaMele) March 12, 2020 ②下半身の安定性 身体のバランスをとる上で土台となる部分は下半身です。どんなに体幹をしっかり鍛え、ブレない上半身を作ったとしても下半身が安定しなければ崩れてしまいます。良い姿勢を保つ為には、足元の位置からの立ち方も重要になります。“気をつけ”の姿勢を例に挙げると、両足の踵は揃えます。そうすることで、魅せる姿勢はとても綺麗ですが、下半身の安定感は弱く、脚やお尻、腰の筋肉はバランスをとる為に常に緊張している状態になります。この状況では立っているだけで身体が疲れ、各所に負担がかかってしまします。身体に対し足を置く位置は肩幅が良いと言われています。バランスを適正に保持するには、脚は閉じない方が良いと言えます。   この2点を改善することで、身体に対する自然な姿勢“正しい姿勢”をとることが可能になります。トレーニングのセッション中にフォームを確認することもありますが、綺麗な姿勢を保とうとするあまり、上半身の姿勢は“気をつけ”の状態に近い方もいます。全身に力が入り、ケガのリスクも上がり、トレーニングの効率も下がってしまいます。     3)正しい姿勢・立ち方のポイント では、実際にどのようなポイントに意識すれば、正しい姿勢を作れるのでしょうか。 下記のポイントを確認していきましょう。 自然な姿勢のポイント ...

日本の三大パワースポット

パワースポットに行ったことはありますか?   パワースポットに行くと人生が変わる、パワーを貰えるという話を聞いたことがあると思います。 不思議な魅力が溢れるパワースポットですが、実は私達の住む日本にも数多く存在しています。   せっかくパワースポットに行くのなら、日本国内で特にパワースポットとして有名な場所、「日本三大パワースポット」とされる「富士山」「長野県の分杭峠」「石川県の聖域の岬」に足を運んでみてはいかがでしょうか? 今回は、なぜこの場所が「日本三大パワースポット」とされているのか、 そして、日本三大パワースポットの魅力と人気の理由についてご紹介していきます。   世界のパワースポットセドナ・マウナラニの記事もありますのであわせて御覧ください。 https://miharuk.jp/power-big-island https://miharuk.jp/sedona   日本最強三大パワースポットとは? まず、パワースポットとはどういった場所なのか、ご説明していきます。 パワースポットとは、元々は「磁場エネルギーが高い場所」のことを指します。 磁場エネルギーが高い場所には、良い波動、もしくは強いエネルギーが湧き起こっています。 そのため、その土地に訪れることによって自分の運気を上げることができる、または身体へパワーを与えてくれる、といわれています。 パワースポットは自然に囲まれている場所が多く、疲れた心を癒したり、精神を浄化したりと、体も心もリフレッシュし自己回復できる場所でもあるんです。     日本のパワースポットの条件 先ほど「パワースポットとは磁場エネルギーが高い場所」とご説明しましたね。 パワースポットは日本全土に多数存在しているのですが、さらにパワースポットとして強いエネルギーをもっている条件があります。 それが、 地殻エネルギーの放出・凝縮地 磁場の変動地 波動の融合地 という3タイプです。 つまり、エネルギーを放出している、磁場が強い、波動エネルギーが融合している、この条件に当てはまる地がパワースポットとして大きなパワーをもつといわれているんです。 そして、これからご紹介する日本の三大パワースポットは、この3つの条件にそれぞれズバリと当てはまっています!     日本三大パワースポットをご紹介! さてお待たせしました、ここで日本三大パワースポットをご紹介していきます! タイトルでご覧いただいたとおり、日本の三大パワースポットとして有名なのは「富士山」「長野県の分杭峠」「石川県の聖域の岬」です。 日本中にパワースポットは存在しているのに、一体なぜこの「日本三大パワースポット」として有名なのでしょうか? 詳しくご説明していきますね。   ①富士山 日本の三大パワースポット、まず一つ目は、「富士山(ふじさん)」です。 日本人で知らない人はいないほど有名な富士山は、静岡県と山梨県にまたがる標高3776mの活火山です。 日本で一番高い日本最高峰の山であり、日本の象徴として世界でも広く知られ、その風貌は芸術的にも大きく影響を及ぼしています。 富士山は、昔から神が宿る霊峰とされ、神聖視されてきました。 富士山には不思議なパワーが秘められているとして、人々に崇められ信仰の対象となってきたんです。 実際に、富士山は フィリピン海プレート ユーラシアプレート 北米プレート の3つのプレートが接合する地点です。 つまり、3つのプレートの地殻エネルギーが集まる場所が富士山なんです。 富士山は「地殻エネルギーがみなぎる場所」ですので、これは先ほどご説明したパワースポットの条件である ①地殻エネルギーの放出地 に当てはまります! 富士山は、土地のエネルギーが大きく集まり、また多く放出されている土地なんです。   ・「富士山」人気のパワースポットポイント 「富士山」の人気パワースポットのポイントは、富士山「剣ヶ峰」です。 「剣ヶ峰」は富士山の山頂のこと、日本の最高地点である3,776mにあるポイントで、剣ヶ峰は山頂にある旧噴火口にあります。 富士山の山頂には大きな旧噴火口があり、この噴火口をぐるりと一周するように火口壁があります。 その火口外周壁の最も高いところが、日本の最高地点である「剣ヶ峰」というわけです。 つまり富士山の火口の頂点が1番のパワースポットポイントなんですね! この火口壁の上には登山道が通っているため徒歩で移動することができます。 この火口壁を一周することを「お鉢巡り(おはちめぐり)」と呼ばれ、昔から富士山の信仰の1つとして行われてきたんです。 火口壁の周りを歩くことで、地下から沸き起こるマグマの様な強いパワーを感じることができるんです。 また、山頂から周りを見渡すと、目の前には広々とした雲海が広がっています。 青空とのコントラストは言葉にできないほど美しく、まるで別の世界に来たような感動を感じることができるでしょう。 剣が峰では、富士山からわきあがる熱いパワー、さらに雄大な景色からの解放感を感じることができるんですね。 自然の荒々しく美しいパワーは、まさに神秘的と言わざるをえないほどです。   ・「富士山」まとめ 富士山剣ヶ峰には「日本最高峰富士山剣ヶ峰」と書かれた石碑が建てられており、パワースポットポイントが分かりやすくなっています。 ただし人気のスポットなので、写真を撮りたい人で順番待ちの列ができるようです。 また、火口周りの足場は不安定な場所も多く、悪天候では大変危険なルートです。 万全の準備の元、パワースポットポイントに向かうと良いでしょう。   ②長野県の分杭峠 日本の三大パワースポット、二つ目は、長野県にある「分抗峠(ぶんぐいとうげ)」です。 分杭峠は、長野県伊那市にある南アルプス西側、伊那山脈にある峠で、標高は約1424mです。 分杭峠のある南アルプスは、中部地方から九州地方まで渡り、その長さは全長およそ1000mとされています。 分杭峠は、全く違う2つの地層がぶつかり合う「巨大断層地帯」の真上に存在し、日本最大にして最長の大断層地帯である「中央構造線」の真上にあるんです。 そのため、分杭峠は二つの地層から合わさった巨大な地殻エネルギーが凝縮されているといわれており、パワースポットとして有名なんですね。 分杭峠は、先ほどご説明したパワースポットの条件である ①地殻エネルギーの凝縮地 に当てはまります。 でも、分杭峠がパワースポットとして有名な理由は、それだけではないんです。   ・「分杭峠」人気のパワースポットポイント 分杭峠は、実はパワースポット条件の一つ ②磁場の変動地 でもあるんです! 分杭峠の人気ポイントは、エネルギーの出入り口である「ゼロ磁場」です。 「ゼロ磁場」とは、「正」と「負」の2つのエネルギーがぶつかりあう特別な場所です。 2つのエネルギーがぶつかることでゼロを示す「ゼロ磁場」は、そのパワーによって心身を活性化させる、力を与えて元気にしてくれる効果があるといわれているんです。 分杭峠は2つの地層がぶつかり合っている場所なので、2つのエネルギーがダイレクトにぶつかりパワーが凝縮されています。 そのパワーが「ゼロ磁場」となり、強力な磁場エネルギーが沸き起こっているんですね。 分杭峠はこの「ゼロ地場」が世界でも類をみないほどのパワースポットなんです。 「ゼロ磁場」が感じられるパワースポットは森の中にあり、地元では「気場」と紹介されています。 気場までの道はハイキングコースのように整備されていて、看板を頼りにして歩いていくとたどり着くことができます。 気場では、土地からの磁場エネルギーによって身体の調子を整えることができ、さらに森林の澄んだパワーを取り入れることができます。 目を閉じて深呼吸したり、手を広げて空気を感じると良いでしょう。 気場のエネルギーを身体いっぱいに感じることができ、さらに気分がリフレッシュすることができます。   ・「分杭峠」まとめ 分杭峠では森林浴効果もあるため、心身ともに清らかな気持ちになれ、心も体も軽くなります。 ストレスや悩みがあり苦しんでいる人は、ぜひ一度訪れて心身ともにリフレッシュするのがオススメです。 ただし「気場」までの道は崩れやすい部分もあるので、スニーカーなどの歩きやすくかかとの低い靴で行くと良いでしょう。   ③石川県の聖域の岬 日本の三大パワースポット、最後の三つ目は、石川県にある「聖域の岬(せいいきのみさき)」です。 「聖域の岬」は、石川県能登半島の最北端にある珠洲岬(すずみさき)にあります。 聖域の岬の周辺の海岸線は、日本海に大きく突出している能登半島の地形も相まって、自然条件が複合している世界でも珍しい地帯です。 この海岸線には、 南から来る暖かい海流 =対馬暖流 北からの冷たい海流 =リマン寒流 この2つが交わります。 暖流と寒流が波状に合流するので、波動エネルギーの集積地となっているんです。 これは先ほどご説明したパワースポットの条件である ③波動の融合地 になります。 海流のせめぎ合いが活発な地点では、それによって純粋なエネルギーが多く生まれます。 聖域の岬は、波動エネルギーが合わった自然のパワーが強く集まる場所として有名なんです。   ・「聖域の岬」人気のパワースポットポイント 「聖域の岬」の人気パワースポットポイントは、海中にある「ブルーホール」と呼ばれるパワーホールです。 「ブルーホール」とは、地形が海中へ水没し、浅瀬に穴が空いたように形成された地形のことです。 聖域の岬のブルーホールは、小さな溝が海流のせめぎ合いによって広げられ、なんと約500万年かかって出来たパワーホールなんです。 つまり、500万年かけてパワーが蓄えられてきた地形なんですね。 聖域の岬には、そんなパワーホールがその数合わせて15カ所もあり、「神秘のパワーホール」だといわれているんです。 聖域の岬のブルーホールは、岬を一望できる展望台から見ることができます。 透き通ったブルーのパワーホールはたまらないほど美しく、またその水面はまるで宝石の様に光り輝いて、その様子を見下ろすことで、ストレスや不調が晴れていくことでしょう。 また、展望台からは周りの絶景も見渡すことができるので、海だけではなく空・大地からのパワーを吸収することができます。 蓄積されていたモヤモヤがすっかり洗い流され、自然のエネルギーに満たされていくのを感じることができるでしょう。   ・「聖域の岬」まとめ 聖域の岬は「らんぷの宿」のプライベートスペースになっています。 聖域の岬を満喫するならば、らんぷの宿に宿泊するのがオススメですよ。     日本三大パワースポットに行くなら ・行き先のスポットについて調べ、理解しておく 行きたいパワースポットが決まったら、パワースポットの場所やルールをしっかり把握しましょう。 パワースポットの中には険しい自然の中に存在するものも多いため、しっかりと準備していかないと大変な事になってしまいます。 適した服装、また道中の環境や状況など、下調べをして万全の準備をで行くようにしましょう。 また、一部のパワースポットには人が立ち入ってはならない場所があります。 ルールを知り守り、周りに迷惑をかけないこともパワースポットに行くにはとても大切なことなんです。   ・その土地の気を吸収する パワースポットに行くなら、その土地を満喫して十分に気を吸収しましょう。 パワースポットのパワーは食事からも得ることができます。 その土地の名物料理や、土地で生産された食材を積極的に食べると良いでしょう。 とくに水にはパワーが宿るとされているので、その土地で育った生産物を食べることでよりいっそうパワーを取り込むことができますよ。 お酒が飲める人は地酒を飲むのもオススメです。     日本誇る最強の三大パワースポットのまとめ いかがでしたか? 日本にはこんな三大パワースポットがあるんですね。 ストレス社会な現代、パワースポットは多くの人に訪れられ、その心を癒しています。 「最近、疲れたなあ」「うまくいかないことが多いなあ」と感じている方はぜひ、パワースポットを訪れることオススメします。 ぜひ一度足を運んでみてくださいね! 世界のパワースポットセドナ・マウナラニの記事もありますのであわせて御覧ください。 https://miharuk.jp/power-big-island https://miharuk.jp/sedona MIHARU SNS Online Salon:https://miharuk.jp/onlinesalon Blog:https://miharuk.jp/blog Shop:https://miharuk.jp/shop Twitter:https://twitter.com/miharufitness Instagram:https://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/ Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw アメブロ:https://ameblo.jp/miharu-jp/ ビキニスクール:https://miharu-k.info LINE:http://nav.cx/fKXIKSM

腰痛予防ストレッチ

運動不足によってギックリ腰を引き起こしてしまった場合、その方はどのような予防と改善方法をとればいいでしょうか。 予防方法としては、軽度な運動から運動習慣を徐々に増やすこと、基礎体力・筋力の向上を図ることが必要です。 そして、改善方法は痛みの緩和とローカル筋の強化、正しい身体の使い方が必要でしょう。   今まで運動してこなかった人が、急に激しい運動や強度の高い運動をして腰への負担が過度にかかり、腰椎ヘルニアなどが引き起こされる可能性が高まることは想像ができます。 腰痛改善をするにあたり、前述のように目的を明確にせずに行うと、 腰痛が悪化したり、完治するまでに時間を要することになります。 このように、腰痛に対する的確なアプローチが出来ていないと、 「腰痛→改善→予防→腰痛...」 と悪循環に陥ってしまいます。 的確に腰痛を予防・改善していく為に、以前までのブログでトレーニングや日常生活の注意点などを紹介してきました。   そして忘れてはいけないのが「ストレッチ」です。 今回のブログではストレッチについて触れていきます。   過去に全身のストレッチに関する記事がありますのであわせて読むと詳しくわかると思います。 効果的なストレッチの種類と方法   1)腰痛を悪化させない為のストレッチの重要性 ストレッチをすることで、ケガの予防だけではなく、パフォーマンスを向上・維持することが期待ができます。また、ストレッチによって、柔軟性の向上や体温を上げることも可能です。 腰痛においてもストレッチは有効かつ効果的な方法の1つです。 腰痛を予防・改善するためにトレーニングによる筋量・筋力アップが必要だと紹介してきましたが、それだけでは腰痛に対して完全な対策とは言えません。 ストレッチを取り入れることで、筋疲労の回復や身心のリラックスなど、肉体的な効果や精神的なメリットが挙げられます。   様々な効果が期待できるストレッチは、大きく2つに分けることができます。 1つ目は「関節可動域(柔軟性)を高める」こと。 そして2つ目は「ケガのリスクを抑えられる」です。   ①関節可動域を高める 日常生活の中で同じ姿勢が続いたり、仕事やスポーツなどで同じ動作が繰り返されると、筋肉はその動作に順応し使い方や筋肉の柔軟性に偏りが生じます。 この柔軟性の偏りが腰痛などのケガに繋がります。 いつもとは違う、慣れない動きをする時にケガをしやすいのはそのためで、筋肉の硬い部分で動きが制限されることが原因です。 筋肉は関節をまたぐ部位とまたがない部位がありますが、関節をまたぐ場合筋肉の柔軟性がなければ小題の“関節可動域を高める”ことは出来ません。 筋肉が硬い状態では関節の可動域は制限され、ケガのリスクが上がります。 そのためストレッチを取り入れることで、偏った柔軟性を無くし関節可動域を高めることはケガを抑制する効果的な方法といえます。   ②ケガのリスクを抑えられる ケガのリスクを下げる為に関節可動域を高めることも重要ですが、ストレッチそのものにもケガを抑える効果があります。 一般的にストレッチには2種類の方法があります。 “動的ストレッチ”と“静的ストレッチ”です。 この2つの方法を運動の前後に取り入れ、用途に合わせ使い分けることで効果を更に上げることが出できます。 運動前は動的ストレッチで心拍数を増加させ、血流をよくし体温を高め、関節可動域を確保します。 【ウォームアップ-下半身の柔軟性-】 動的ストレッチにて可動域を拡げ、動的柔軟性を高めていきます! ポイント<骨盤-股関節> 動きを加えながらも固定-可動は大切に! ・腸腰筋 ・ハムストリングス ・内転筋 ・腓腹筋のストレッチをご紹介🏃 pic.twitter.com/OREHOw8ayT — C-I Baseball (@C_IBaseball2020) March 18, 2020 そして運動後は静的ストレッチで、筋肉に緊張が残っている状態からリラックスさせ、動的ストレッチとは違い心拍数や体温を徐々に下げます。 クールダウンは必須 激しく動いた後は乳酸がたまる しかも足に。 そのままダウンしないと足はパンパン、むくみに 血液を心臓に循環させるため ジョギング、静的ストレッチをして 乳酸を除去してあげましょう クーラーboxに足を乗せて仰向けに。 自分の身体をいたわろう! pic.twitter.com/KHr8yORoxR — KOJI TOYOMAKI (@502Kt) March 21, 2020 日常生活では主に静的ストレッチを取り入れることが多くなります。 的確なポイントでストレッチを行なうことが腰痛の予防・改善に繋がります。   ストレッチの重要性を理解出来たところで、腰痛を予防・改善していくためのストレッチを紹介していきます。     2)腰痛予防・改善ストレッチ   ①大胸筋のストレッチ 腰痛に関与する筋肉に大胸筋が挙げられます。 前のブログでも取りげ上げましたが、大胸筋の柔軟性が低下することで姿勢が猫背になりやすいです。 猫背になることで座った時に骨盤は後傾しやすく腰周辺に負担が強くかかります。   また、猫背の状態で背筋を伸ばすと多くの方は無理な骨盤の前傾を強いられ、これもまた腰へ対して負担が多くかかります。 大胸筋の柔軟性を高め、肩関節の可動域を高めましょう。   ○オススメの方法 ☆壁を使ったストレッチ ・肘を肩の高さに合わせ手を壁に付けます。(足は前後でバランスをとります) ・体を前方向にゆっくりと動かし、胸をストレッチしていきます。 ・20秒~50秒を目安に呼吸を意識しながら取り組みましょう。 ※腕を上下に動かすことで胸の様々な部位を伸ばすことが出来る点も魅力の1つです。   ☆座った状態でのストレッチ ・床に座ってあぐらで座ります。 ・両手を頭の後ろにあて肘を外側に向けたポーズをとり胸を張ります。 ・20秒~40秒を目安に呼吸を意識しながら取り組みましょう。 ※座位・立位でも行うことが可能なトレッチです。 肩甲骨を寄せ、しっかりと肘を広げていくと効果が上がります。 参考になる大胸筋を座った状態でストレッチ     ②菱形筋(りょうけいきん)のストレッチ 菱形筋は肩甲骨の内側に付着し、身体の表面からは触ることが出来ない筋肉です。 この菱形筋も大胸筋と同じく猫背に関わる筋肉です。 腰痛だけではなく、肩こりなどにも影響してくる筋肉ですので意識してストレッチをしましょう。   ○オススメの方法 ☆座位・立位でのストレッチ ・手を伸ばし肩の高さで手を組みます。 ・身体の前で大きなボールを囲うようにし、身体を丸めて肩〜手を前へ押し出します。 ・腕は身体を丸めても肩の高さをキープし、肩甲骨の内側のストレッチを感じます。 ・目線は自分のお腹を見るようにし、身体を丸めましょう。 ・15秒~30秒を目安に呼吸を意識しながら取り組みましょう。 ※身体をしっかりと丸めることが重要で、肩から前へ押し出しましょう。 参考になる菱形筋(りょうけいきん)のストレッチ     ③ハムストリングス ここからは下半身のストレッチの紹介です。 ハムストリングスは骨盤の後傾を保っている筋肉で、これらの筋肉に柔軟性がなければ、骨盤を後ろへ引っ張り猫背の原因にも繋がり骨盤の動きが制限され腰痛を引き起こします。   ○オススメの方法 ☆座った状態でのストレッチ ・左右どちらかの脚を伸ばし、逆脚は伸ばした脚の内腿に足の裏が付くように曲げます。 ・背筋を伸ばし、呼吸を意識しておへそを伸ばした脚へ近づけるように倒します。 ・15秒~30秒を目安に片脚を伸ばしたら、逆脚と入れ替えます。 ※膝の裏が張るような感覚で、腿の裏が伸びていないと感じる場合は若干膝を曲げましょう。 ※身体を倒していく時は、背筋が真っ直ぐなのをお忘れなく。   ☆チューブ(タオル)を使ったストレッチ ・脚を伸ばして床に座ります。 ・チューブか長いタオルを片足に引っかけます。 ・上体を床に倒し仰向けになり、同時にチューブが掛かっている脚を上に伸ばします。 ・チューブを引く力を調整しながら、腿の裏が伸びる位置で15秒〜30秒程度キープ。 ・挙げた脚を下げながら同時に上体を起こします。 ・逆脚も同様に行いましょう。 ※腰〜お尻は床に付いたままを意識し、脚を持ち上げましょう。 ※自身で調整が出来るのがメリットです。 参考になるチューブ(タオル)を使ったハムストリングスストレッチ     ④大腿四頭筋 ハムストリングスと表裏の関係にある大腿四頭筋。骨盤の前傾を保っている筋肉でもあります。 この筋肉が固まったしまうことで、骨盤を前に引っ張る力が強く反り腰を誘発する要因になります。 ハムストリングス同様に骨盤の動きを制限してしまうことも問題です。   ○オススメの方法 ☆立った状態でのストレッチ ・バランスを保つために、壁もしくは椅子に手を添えます。 ・左右どちらかの脚を曲げ、曲げた脚の足首を手で掴み、踵とお尻を近づけます。 ・背筋を伸ばし、呼吸を意識し姿勢をキープします。 ・15秒~30秒を目安に片脚を伸ばしたら、逆脚と入れ替えます。 ※腿の前のストレッチを感じるために、上半身は床に対して垂直に立ちましょう。 参考になる立ったままで大腿四頭筋ストレッチ   ☆座った状態でのストレッチ ・脚を伸ばし、床に座り片方の膝を曲げます。 ・この姿勢からゆっくりと上体を後ろに傾けていきます。 ・腿の前がストレッチを感じるところでキープします。 ・15秒~30秒を目安に片脚を伸ばしたら、逆脚と入れ替えます。 ※膝や足首に違和感が出るときは中止し立位のストレッチに変えましょう。 ※強度を変えるには、状態を倒す角度で変わってきますので出来る方は参考にしてください。 参考になる座った状態で大腿四頭筋のストレッチ     ⑤臀部(大臀筋、中臀筋) 臀部の筋肉は骨盤に1番近く付いており、上半身・下半身のちょうど真ん中に位置しているため非常に大切な筋肉の1つです。 この筋肉が疲労し機能されないと、腰痛に繋がるリスクは格段に上がります。 日常で生活しても臀部は疲労しやすいので、ストレッチの習慣をつけてケガのリスクを下げていきましょう。   ○オススメの方法 ☆椅子に座った状態のストレッチ ・椅子に浅く座ります。 ・片足首を逆脚の太ももに乗せて、乗せた脚の膝を開きます。 ・乗せた方の足首と膝に手をおき、伸ばしていきます。 ・ゆっくりと両手に力を加えて床に向かって押します。 ・15秒~30秒を目安に片脚を伸ばしたら、逆脚と入れ替えます。 ※乗せた脚の腿が水平になるようにストレッチしていきましょう。 参考になる椅子にすたったままでできる臀部(大臀筋、中臀筋)のストレッチ   ☆床に座ったの状態のストレッチ ・床の上に両脚を伸ばして座り、右足を左脚の外側に置きます。 ・右足のくるぶしが左太ももの上に乗っている状態で、左膝を曲げ身体に近づけます。 ・手は身体の後ろにおき、手で身体を支えながら右のお尻を伸ばします。 ・15秒~30秒を目安に片脚を伸ばしたら、逆脚と入れ替えます。 ※ストレッチ中は上体を真っ直ぐにすることを意識しましょう。 参考になる床にすたったままでできる臀部(大臀筋、中臀筋)のストレッチ   これらが、腰痛を予防・改善するためのオススメのストレッチです。 2〜3セットを目安に繰り返し行っていきましょう。筋肉が伸びていることを意識し、無理のない範囲で実施してください。   全身のストレッチに関する記事はこちらを御覧ください。 効果的なストレッチの種類と方法 MIHARU SNS Online Salon:https://miharuk.jp/onlinesalon Blog:https://miharuk.jp/blog Shop:https://miharuk.jp/shop Twitter:https://twitter.com/miharufitness Instagram:https://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/ Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw アメブロ:https://ameblo.jp/miharu-jp/ ビキニスクール:https://miharu-k.info LINE:http://nav.cx/fKXIKSM