【最新】NPC・IFBB ビキニの審査基準について

こんにちは! 先日IFBB BIKINIのヘッドジャッジのサンディーがビキニのポージング・フィジカルについて説明をしていました。 これは世界(IFBB Pro)に挑戦したいビキニ選手は絶対に知っておくべきことです。   NPC・IFBB ビキニ審査基準 (下に日本語に訳したものを貼っておきます)   「こんにちは。私はSandy Williomsonと言います。NPC及びIFBB プロリーグの議長を務めさせて頂いております。 本日、私はビキニリーグにおいて審判員が何を見てるかについてお話ししたいと思います。 私たちは、ある特定の項目を見ています。 それは、筋肉のたくましさ、調整がされているか、バランスと形が整っているか、そして、審判員への見せ方が十分かです。 これらの評価項目はリーグごとに重視される比重に違いがあるにせよ皆同じです。 ビキニリーグでは筋肉の基礎はもちろん必要です。女性アスリートが私たちが求めてる身体になるためには筋肉は多少必要です。 私たちは、ビキニを着たときの綺麗に整った谷間、綺麗な足、上半身の美しさを見ています。 しかし、私たちは、筋肉繊維、筋、筋肉が割れてるのは見たいわけではありません。 ネットに上がってる写真を観ると、アスリートは実際にステージで観るよりも大きく見えたりより引き締まって見えるため、 そのように勘違いする人がいるのだと思います。 コンテストの準備をしているアスリートがその写真を観ると、 「ああ、最近はもっと大きくならないといけない。最近はより厳しくなっている。」 と思うかもしれません。 しかし、それは誤りで、ビキニリーグの評価基準とはずれてます。 トップのアスリートを見ればわかると思います。 例えば、アンジェリカ、ケイシー、ロミーナ。 先程も言った通り、皆身体に綺麗な滑らかさがあり、筋肉が割れてる訳ではありません。 しかし、他のリーグと同様、筋肉はたしかに存在します。 しかし、そう多くはありません。 ビキニリーグでは他のリーグのような筋肉の量はあまり求めていないのです。」     NPC・IFBB ビキニ審査基準わたしの感想 なるほどなーーーー。   近年の日本のビキニ選手の身体は、どんどんアマチュアトップよりになっています。 アマチュアビキニの頂点に君臨するのはヨーロッパの選手たちです。 彼女たちの身体つきと、プロビキニの身体つきは、横に並べてみると違いがわかります。 IFBB ProのトップAngelica Teixeira     IFBB アマチュアのトップKsenia Romanova   どちらも女性らしい丸みがあるのは間違いありませんが、 Proのほうが、よりお尻・ハムストリングが鍛えられています。 アマチュアビキニは、大腿四頭筋の逞しさが求められます。   比べて分かる通り、ポージングも違います。 Proは肩に力を入れたり、背中を広げたり、過度なアピールは評価されません。   「ナチュラルでいて美しいことが求められるのがプロ」 私のデビュー戦でジャネットが教えてくれた最も印象に残っている言葉です。   目標に向かって成長するためにも、 常に世界にアンテナを張って、自分の情報をアップデートし、皆さんにアウトプットしていきたいと思います。   ポージングレッスン・ポージングセミナー。パーソナルトレーニングのお問い合わせもお待ちしています★ お問い合わせはこちら ポージングクリニックの詳細はこちら パーソナルトレーニングスケジュールはこちら   審査基準は年々変化しています。 詳しい内容はオンラインサロンにて情報を配信しています。   2018 NPC Workshop Video Hosted By NPC/IFBB Women’s Head Judge Sandy Williamson. This Clip...

NHK BS1スペシャル「筋肉女子」を終えて。

こんにちは、MIHARUです。 12日に放送された「筋肉女子」を見てくれたみなさん、ありがとうございました。 番組終了後、本当にたくさんの方からメッセージを頂きました。   “感動した” “やる気をもらった” “モチベーションが上がった” そんな嬉しい言葉の数々に、私が一番感動しています。   目標を立て、 その目標を達成するために計画し、 それをやり遂げる。 これは当たり前のことです。 そこからさらに、 どこまでも自分と向き合い、心と身体の声を聞く。 そして、常に自分に問う。 「私は、まだやれることがあるんじゃないのか?」 そう、やれる努力はすべてやる。   これって、別にこの競技だから必要なことでは無いと思っています。 どんなことでも目標があって、 それをどうしても成し遂げたいならば、 斯くあるべきだと私は思います。   世界の一流選手と戦うために必要なのは、 フィジカルやメンタルはもちろんのこと、 秀でた人間力が求められます。 努力を重ねて、越えてきた人が手に入れることができる人間力。 その境地を求めて、私はこれからも挑戦を続けます。   今この番組を一番欲していたのは、私自身でした。 沢山の大事なことを思い出しました。 大切な気持ちを思い出した。   この番組の制作に関わってくださったすべての皆様に感謝します。   そして、応援してくれる全ての皆様に伝えます。 本当に本当に、有難うございます。   皆様の一声一言が、私の背中をどこまでも押してくれています。   私はわたしを応援してくれるすべての人のためにがんばります。 私の成長、そして喜びを皆で共有できるように。       番組の中で出てきた、骨の歪みについての心配の声も頂いています。 今も治療中ですが、私生活に支障も無く、トレーニングも出来ないわけでは無いので安心してください! 私がお世話になっているのはコチラ。 はなのき接骨院 名古屋からは、栄駅から瀬戸線に乗って旭前駅または印場駅下車で徒歩10分です。 駐車スペースも沢山あるので、 身体の歪みや肩こりが激しい方、姿勢が気になる方、 そしてアスリートの皆様には、 パフォーマンス向上や身体のメンテナンスのためにも、ぜひ足を運んで頂きたいです。           12日はMEETUP in 渋谷vol.2がありました。 今回も私の性格が色濃くでた、集まりで本当に楽しかったです。 どのあたりが私らしいかというと、 少人数・ポットラックで気軽に・集まったうちの半分近くがオタク要素あり、みんなで濃い話をして仲を深めるということ。 絶対にSNSでは出来ない話をします。 時間帯が遅かったら、軽くお酒を交わしながら皆で色んなことを語り合うたいと思うくらいです。笑 でね、vol.3は、この番組を見ながら、 撮影当時の思いや裏話が出来たら面白いのにな〜って思っています笑!   興味ある人は告知のチェックを忘れないでね!   MIHARU MIHARU SNS Online Salon:https://miharuk.jp/onlinesalon Blog:https://miharuk.jp/blog Shop:https://miharuk.jp/shop Twitter:https://twitter.com/miharufitness Instagram:https://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/ Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw アメブロ:https://ameblo.jp/miharu-jp/ ビキニスクール:https://miharu-k.info LINE:http://nav.cx/fKXIKSM

IFBB HAWAII PROを終えて皆さんに伝えたいこと。

IFBB HAWAII PROを終え 2018年の初戦、IFBB HAWAII PROが終わりました。 結果は11位。 表彰台へ上がることは出来ませんでした。 本当は表彰台へ上がってから、皆さんに伝えたかったことがあります。   ハワイ大会を終えて皆さんに伝えたいこと それは、 プロになって私は心からこの競技が好きになったという事です。   アマチュア選手時代の大会に臨む心構えは, 「常に勝つことだけを考える。」 という、選手としては当たり前の事だけど、どこか荒々しく、心に余裕の無いものでした。   フィットネスビキニというカテゴリーという事もあり、バックステージでの女子同士のピリピリしたムード、目に見えないけど絶対そこにあるでしょ、と思うような派閥の壁、身内意識から生まれる謎の敵意。   ネイルもビキニもメイクもド派手で華やかにして、 表向きは、フィットネスビキニってキラキラしてて素敵な競技! だけど、蓋を開けたら闇が深い。   私だけかもしれないけど、こういうものを感じていました。 正直な話、プロになると決まった時、 “この闇から抜けれるかもしれない”という事に少なからず喜びました。 ただ、プロの世界のBIKINI選手の人間関係について何も情報が無かったので、 もっと闇が濃かったらどうしようという不安もありました。   そして2回のプロ大会を終えて確信しました。 (初のプロ大会は昨年9月ASIA GRAND PRIX、そして今回のHAWAII PRO) 本当にプロになって良かったと心から思います。   その理由は、バックステージで一緒になったBIKINI選手達が教えてくれました。 「プロは自分の成長をステージで披露してファンを楽しませるものなの。」 2017年のOlympiaで優勝したアンジェリカの言葉です。   「ネイルやメイクをド派手にしてどうするの?着飾ったら誰だって美しくなれるわ。 皆んなはそういうのを見にきたんじゃ無いの、ナチュラルでいて美しいのがプロフェッショナルでしょ?」 2018年のアーノルドクラシックコロンバス2位のジャネットの言葉です。   これらは全てバックステージでみんなで楽しくメイクをしたり、それぞれの国から持ってきた差し入れをシェアしながら談笑している時の会話のごく一部です。   プロの大会は、常に“世界大会”です。 選手は国籍も、所属チームも、言葉も習慣も違います。 でも、 みんなBIKINIプロとしての誇りを持っているから、 誰に対しても常に優しく、常に笑顔、誰かが困っていたら全員でサポートする。 選手同士のrespectが強いです。   そして何より響いたこの言葉。 「今回は前回の私よりもかなり成長してるから、きっとみんな盛り上がるわ! やっぱり皆んなを楽しませて幸せにするのがプロよね!」   なるほど、 なるほどなーーーーーーっと。   ここまで心構えが違うと、私の中ではもう全く別競技。 これ見よがし溢れまくる余裕。 心に余裕がありまくる。   自分の成長を楽しみ、 そしてその成果を大会で披露してファンと一緒に楽しむ。   大会の規模、オーガナイザーによってはステージのアレンジはかなり自由です。 大会前日の選手ミーティングで、『どういうステージングにしたらもっと大会を盛り上げれるか』を話し合ったりします。 私のデビュー戦のASIA GRAND PRIXがまさにそれで、 「各カテゴリーが終わったら、男女・カテゴリーに関係なく選手全員でステージに出てごちゃ混ぜでポーズダウンしようぜ!」 というフレックスルイスの提案が通り、実際に行われました。   もちろんその日で一番の盛り上がり!大成功なわけです! プロ大会をたかが2回経験しただけで、こんなにBIKINI競技を好きになってる事に自分でもびっくり。   そしてこれは、日本の選手にも気づいてもらいたい事。 常に自分の成長を楽しんでください。 比べる相手は他の選手じゃない。 昨日の自分です。 成長する事の喜びを、応援してくれる人達と共有してください。   選手を応援する人にも伝えたいです。 他の選手と比較せず、選手個人の成長を楽しみ、そして喜んであげて下さい。   選手が誰かと比較されるのは、 審査員だけでいいんです。 競技である以上順位がつくし、誰かと比較されます。 そこには悔しい気持ち、辛い気持ちも生まれます。   そんな時は、 自分を成長させる為の行動に素早く移ってください。   初めて大会に出る人は、ここがスタートだと思ってください。 次の大会は、今日よりいい姿になる! この気持ちを忘れずに、成長を感じる日々を過ごして下さい。     今回のHAWAII PROへの挑戦は、 大きな学びと成長がありました。 それを得ることが出来た事が、今は何よりも嬉しいです。   表彰台に上がれなかったことは悔しいです。 でも、もう次の大会が楽しみで仕方ありません。 だって、もっと成長した自分がそこにはいるはずだから。 その姿を、今回応援してくれてた人に見てもらいたいから。   まだまだ成長していきます。 その姿を楽しみにしてて下さいね!!   IFBB BIKINI PRO MIHARU MIHARU SNS Online Salon:https://miharu-k.info/onlinesalon Blog:http://miharu-k.info/blog Shop:https://miharu-k.info/shop Twitter:https://twitter.com/miharufitness Instagram:https://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/ Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw アメブロ:https://ameblo.jp/miharu-jp/ ビキニスクール:https://miharu-k.info LINE:http://nav.cx/fKXIKSM

ミンくんからの贈り物

MK(Asia Grapher) から突然の連続のメッセージ! 何事かと思い確認してみると懐かしの写真が送らせてきました。   写真がこれ ↓   2017年にモンゴルで開催されたアジア選手権大会の写真 この大会でカテゴリー優勝、オーバーオールを獲ってIFBB PROになりました。   ミンくん写真ありがとう!! また撮影してもらえるように邁進していきます。   この投稿をInstagramで見る   Miharu Kurachi IFBB PROさん(@miharu_ifbbpro)がシェアした投稿 - 2019年 7月月4日午前12時57分PDT   ミンくんのInstagramはこちら   この投稿をInstagramで見る   MKPRO(@asiagrapher_mk)がシェアした投稿 - 2020年 3月月14日午前9時03分PDT   MIHARU SNS Online Salon:https://miharuk.jp/onlinesalon Blog:https://miharuk.jp/blog Shop:https://miharuk.jp/shop Twitter:https://twitter.com/miharufitness Instagram:https://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/ Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw アメブロ:https://ameblo.jp/miharu-jp/ ビキニスクール:https://miharu-k.info LINE:http://nav.cx/fKXIKSM

JAPAN Pro leagueを終えて

JAPAN Pro leagueがおわりました。   ┃IFBB Japan Pro を終え 沢山の応援・声援、 本当にありがとうございました。   そして、 その期待に答えることが出来なかった自分が、 ただただ悔しいです。 夜、目を閉じた時、ふと気を緩めた時、 頭も胸も潰れそうになりながらここ数日を過ごしていました。   でも、 今回の反省点は十分すぎるほどに分析しました。 そして、その事実は全て私の伸びしろとして受け止めることにしました。   私はまだ成長できる。 私は私自身の可能性を信じる。   これから環境もかわるので、 0から鍛え直します。   ┃JAPAN Pro league反省と改善、そして感謝 振り返って、ステージの動画を見ると、 どの動画も必ず沢山の声援が聞こえました。 会場でも、本当に多くの方に言葉をかけて頂きました。 そして大会後には、多くの方からプロ大会の感想を頂きました。   「初めて競技を見たけど、こんなに面白いんだね!」 「MIHARUのステージを見て、わたしもBIKINI競技を始めたくなった!」 「MIHARUのステージを見て、初めて競技で感動した!」   皆さまからのメッセージを読んで、 この競技を続けて本当によかったと改めて思うことが出来ました。 心から、ありがとうございました。   こんなに皆さまに支えられ、 そしてその力を自分自身が感じた大会は初めてでした。   私は一人じゃない。 そう感じることが出来た、素晴らしい大会でした。   やっぱり、ホームグラウンドの大会はいいですね笑! 温かかさがぜんぜん違う。   デビュー戦以来の日本のステージは、 納得の行く結果を得ることは出来ませんでしたが、 ここから成長した姿を、再び皆さんに披露できるように、 突き進んでいきたいと思います。   最後に、 この大会を開催してくれた、 ヒデさん NPCJの皆さま   私の1年間の調整をみてくれた、 鈴木トレーナー ファインラボの皆さま   どんな時も側で応援してくれた、 家族 YAMATO355の皆さま   そして、 会場、ジム、SNS、パーソナル、撮影、 私を応援してくれた全ての皆さま   本当に、 本当に、 言葉じゃ伝えきれないくら感謝しています。   ありがとうございました。   これを書きながら号泣しちゃうくらいに大好きです笑   これからの私の成長も楽しみにしていてください! MIHARU MIHARU SNS Online Salon:https://miharu-k.info/onlinesalon Blog:http://miharu-k.info/blog Shop:https://miharu-k.info/shop Twitter:https://twitter.com/miharufitness Instagram:https://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/ Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw アメブロ:https://ameblo.jp/miharu-jp/ ビキニスクール:https://miharu-k.info LINE:http://nav.cx/fKXIKSM