2019年自分を偽らない

310

2019年

応援してくれたみんな、本当にありがとうございました。

一人では見ることのできない景色を、みんなのおかげで沢山見ることができました。

心から感謝しています。

 

 

____________________

振り返り考えた1年 自分を偽らないと決めた

 

わたしの2019

私にとって2019年は、

目に見え、具体的に名前がつく表面的な成長や成功よりも、

自己との対話による、自我の成長を感じた特別な一年だった。

 

「地球を飛び抜け、気がついたら宇宙空間にいる。

地球の人からみたら、

一生をかけて宇宙を目指しているのだから羨ましい!と感じる。

けれども当の本人は、広すぎる宇宙空間をどこを目標に進めばいいかわからず、

ただふわふわと、足元が安定しない不安を抱えて宛もなく漂っている。」

 

これは私の現状を見るに耐えきれなくなった知人が、比喩した言葉。

今年の2月までは、まさにこんな感じだった。

 

MIHARUという生き物ではなく、

「IFBB ProのMIHARU」として生きてしまっていたから。

 

だけど今は、確実に一歩ずつ踏みしめながら「私」の道を進んでいる。

 

 

2019年は、とことん自身と向き合ってきた。

私はどんな生き物なのか。

何に喜びを感じて、何に心を躍らせるのか。

何に嫌悪し、何に悲しくなるのか。

 

愛を感じる瞬間は?

潜在意識としてもっている答えを確信に変えていく。

 

自分を知るというのは、

自分で自分を幸せにできるということ。

 

誰かから与えられた幸せではなく、自分の意思で自分を幸せにする。

 

私の人生の成功とは、

心から幸せだと感じた日々の数。

 

人生は長いようで本当に短い。

特に私みたいな、好奇心の塊のような人間は、

この短い一生で自分の願望を全て叶えられるのか、焦りすらある。

 

だからこそ、自分を知ることの大切さをより鮮明に感じるのだ。

 

限られた時間の中で、

少しでも幸せを多く感じ、

周りの声に惑わされず、

自分の本心に従って生きる。

 

 

そして、それを共有できる仲間に出会う喜び。

 

 

競技も好きだ。筋トレも好きだ。

自分の限界を追い求めるのも好きだ。

 

それと同じくらい、

 

見たことのない景色を見るのが好きだ。

知らない文化にふれるのが好きだ。

アニメが好きだし、食べることも好きだ。

太陽の日差しが好きだ。生き物が好きだ。

 

まだまだ好きなものがいっぱいある。

 

競技者としてのMIHARUではなく、

一人の人間としてのMIHARUの本心を、

もっとシンプルに味わう。

 

 

そうやって生きれるようになった気がする。

 

 

私には一つの大きな夢がある。

 

同じ熱量を持った仲間と、

どこかの地の、満天の星空の下で焚き火を囲んで同じ時を共有すること。

静寂を共有し、心から居心地がいい仲間と出会うことが、

私の一つの人生のミッションだと思っている。

 

くだらないと笑う人がいてもいい、呆れる人がいても良い。

出会うのも縁だし、出会わないものまた一つの縁なんだ。

 

これからの人生は、

状況が変わっても揺るぎのない信頼でつながり続ける人だけと付き合いたい。

損得勘定で動かず、自分の世界を持ちながらも、

謙虚で成長意欲があって、愛と優しさのある温かい人と出会いたい。

もちろん、自分もそうなれるように心がけたい。

 

 

 

___________________________________

 

 

 

2020年も、

私自身を深め、本心と向き合いながら、

地球に生きる素晴らしさを感じて、出会った人との縁を大切に、

自分を偽らず生きていきます。

 

 

 

 

2019年12月31日 MIHARU

 

MIHARU SNS

Online Salonhttps://miharuk.jp/onlinesalon
Bloghttps://miharuk.jp/blog
Shophttps://miharuk.jp/shop
Twitterhttps://twitter.com/miharufitness
Instagramhttps://www.instagram.com/miharu_ifbbpro/
Youtubehttps://www.youtube.com/channel/UCZBKVZ6H7M1B3u1fm_fnPkw
アメブロhttps://ameblo.jp/miharu-jp/
ビキニスクール:https://miharu-k.info
LINE:http://nav.cx/fKXIKSM